FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(札幌記念&北九州記念編)

足がつる


お盆休みの間ずっと実家のクーラーが効いた部屋で寝っ転がって甲子園をみていたせいか、すっかり体が鈍ってしまったようで休み明けの仕事で汗が止まらない。
少し動いただけでシャツに張り付くようなレベルの汗が吹き出してくるので、やっぱり人間はある程度でも動いていないとダメなんだなと30年連続くらいで思ってます。


札幌記念
◎ナイトオブナイツ
OPまではそれなりに戦えていながら重賞になると展開に恵まれなければ厳しいと言うハッキリと壁がある馬。ただ、前走はマイスタイルが速い流れを押し切る条件だったしノーカウントでいいだろう。
台風が心配された北海道もどうにか天気は持っているようだし、小回り平坦の脚比べなら大箱得意のGI馬が相手でもヒケは取らないはず。
○フィエールマン
これまでの前哨戦を使うと言う競馬界の常識を覆してGIを2勝してしまう離れ業をやってのけたが、今後も似たような使い方をする馬が出てくるかどうか。恐らくローテは真似する馬が頻出するだろうが、結果を出せるのは馬の個性が大事になるような気がする。
休み明けは気にならない馬なのはわかっているが、ラジオNIKKEI賞2着の取りこぼしがあるように本質的にはローカル不向きの感じがあるので目標も含めて評価は一枚落ち。
▲ステイフーリッシュ
今年に入ってから重賞でも安定して結果を出し続けていて、惨敗したのは後方からになってしまった大阪杯のみ。先行さえ叶えば前走のようなしぶとい競馬ができるだけに内枠に入れたのは好材料。
今回もロードヴァンドールとエイシンティンクルが淀みなくハナを切る展開になるだろうから、2頭を見ながら番手の競馬ができればここでも侮れない。
△クルーガー
ここまで芝なのかダートなのか1600なのか2000なのかと器用貧乏な使われ方をしてきたが、海外遠征でも2着を経験したので距離や馬場よりも仕上がりと気性が問題なのだろう。それこそ1200でも2400でも勝ち鞍は挙げられそうだ。
札幌2000は3歳時に休み明けで勝利した舞台で、洋芝適性は既に見せているので久々を敬遠されているならオッズ的にも面白い存在。


北九州記念
◎ディアンドル
ルーラーシップ×スペシャルウィークと言う血統にも関わらず芝1200で開花したスプリンター。血統だけなら3200でもOKと言えそうなだけに競馬は難しいものだ。
古馬相手でどれくらいやれるのかが世代のレベルを含めた関心事ではあるが、3歳だけにハンデも恵まれた今回は思い切った競馬もできるのでは。
○ダイメイプリンセス
昨年はアイビスSDを制した勢いに乗って1200にも挑戦する形で2着に好走。距離を克服すると共に重賞戦線での存在感を示せた1年だった。
その後は馬体重の増減が激しくなり奮わない競馬が続いたが前走ではようやく形になってきたし、夏場の方が合う馬なのなら一つ叩いて上昇を期待。
▲ミラアイトーン
デビュー当初は2000でも好走していた馬だが、やっぱりロンロの産駒なのか1200路線で本格化してきた。小倉芝1200にも阪神芝1200にも適性は見せているし、ここを突破するようならGIも見えてくる。
気になるのは大外で重賞実績もないのに56.5キロは見込まれた印象なので、今までと同じような競馬ができるかどうか。
△アンヴァル
休み明けで挑んだ昨年は特に見せ場もなく沈んだが、ジリジリと力を付けて再び重賞でも掲示板に入る成績を挙げてきた。ややテレンコ気味なので今回は来ない番なのが気になるが、順調なのは無視できない。
相手なりに走れるので消しにくいのが難点だが、ロスなく運べば実力は確かなのであまり後方に置かれなければ。


関屋記念までの成績【4/92 ―162250円】トリガミ2取消2


学ばない>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク