FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(新潟ジャンプS編)

ますざぶ夏の大オフ会


何年ぶりかの参加でしたが、参加者の皆様ありがとうございました。
また、休みが取れたらゲリラ的に出没したいと思っております。
観光してから帰ります。


新潟ジャンプS
◎メドウラーク
年明けに障害転向していきなり勝ち上がったが、その後の2戦は大差の4着とOPクラスの壁に跳ね返された。ただ、敗れた相手はトラストとメイショウダッサイだったし前走の結果を見れば地力の高さは重賞レベルだと見ていいだろう。
スピード勝負のハードルコースだけに馬場が回復すれば更に走りやすくなるだろうから、前半から前々勝負に持っていけたら。
○マイブルーヘヴン
昨年末には平地でも4着があった馬で、これまでの成績も新潟と中京でしか走っていないことから飛越が上手いのではなく平地のスピードにモノを言わせるステイヤーだろう。芝2400~2600なら1000万条件でもまだまだ戦えそうだ。
こちらは平地でも障害でも重馬場で勝ち鞍のある道悪巧者なので、馬場が渋ったままでも問題無さそうなのは強み。
▲アズマタックン
左回りでなら崩れることなく掲示板に載ってくるサウスポーの追い込み馬で、昨年のこのレースで4着に飛び込むなど展開さえ向けば重賞でも上位争いを演じる力はある。
あとはマクリ経験のない純粋な後方待機型だけに、どこで動いていけるかがカギ。
△トーヨーピース
こちらも障害では新潟コースでしか走っていない左回りと言うか新潟専用機。東京や中京ではダメなので、余程この競馬場の水が合うのだろう。
この馬もアズマタックンに劣らず後方から構えるタイプだが、道中で動いていく機動力があるのでレースをどれだけ掻き回してくれるか。


札幌記念までの成績【5/94 ―49150円】トリガミ2取消2


ウインズ汐留って宮殿みたい>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク