FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

2019プロ野球ドラフト指名予想(パ・リーグ編)

続きましてパ・リーグ


西武
◎佐々木 朗希(大船渡)
夏場まで大混戦となったパ・リーグだったが、お盆を過ぎた辺りから一気に伸びてきた西武が終盤に大逆転優勝を果たしてリーグを制した。防御率はワーストながら何と言っても破壊力抜群の打線がそれを補い、野球は点を取ったほうが勝ちだというルールを改めて示してくれた。
優勝チームながら7人の投手に戦力外通告を出したように投手力の向上が喫緊の課題。中でも先発はニールがいなかったらゾッとする陣容だけに投手中心のドラフトになるのは間違いないだろう。
抽選は運なので外した場合の指名だが高校生の目玉を獲れなかったときは大学・社会人から指名するので、昨年同様に吉田(日体大)か立野(東海理化)が候補。
2位以下でも今年の平井のような即戦力が欲しいだろうし瀧中(ホンダ鈴鹿)や嘉陽 (トヨタ)に左の浜屋(MHPS)、伸びしろでは高校生の宮城(興南)か及川(横浜高)だろうか。
野手は指名順との兼ね合いになるだろうが、あるなら地元枠で韮澤(花咲徳栄)か西武にはおなじみのリーグから吉田(富士大)あたり。


ソフトバンク
◎佐々木 朗希(大船渡)
開幕から常に貯金を維持し続け2位以下が混戦になる中から1番に抜け出して今年も独走かと思われたが、最後の最後で西武にマクられ悔しい2位でのフィニッシュになった。失速したというよりも西武の追い上げが激しすぎたと言うべきで、何とも歯がゆい結果だったろう。
豊富な選手層を武器に常勝軍団を形成したチームだが過去5年のドラ1がうーん…という結果。今年はようやく甲斐野が活躍しリリーフは厚みが増したので先発を任せられる千賀2世が欲しいところで佐々木なのでは。
かなりくじ運がよく外した場合が想定しにくいが、素材を優先できる球団だしポスト松田で石川(東邦)や高齢化が進む外野に井上(履正社)を繰り上げて1位指名してきてもおかしくない。
まだ育成の戦力外しか出ていないので補強ポイントは絞りにくいが最近、増えだした大学・社会人からIターン地元枠で江口(JX-ENEOS)や萩原(NTT西日本)、伊勢(明大)に横山(国学院大)がありそう。


楽天
◎石川 昂弥(東邦)
エースとして期待されていた則本と岸が離脱する中、リリーフ陣が手分けして穴埋めを行い熾烈な3位争いを制してCS進出を果たした。ファイナルには行けなかったものの投打に世代交代が進んできており石井GMのチーム作りが浸透しつつある。
今オフにはベテランの嶋と今江を自由契約と更なる若返りを図っており、他チームが投手のBIG3に注目する間隙を突いて今江の後釜としてスラッガーの三塁手を補強してくるのでは。佐々木(大船渡)と迷うところだが、生え抜きの強打者を輩出したいチームと見た目以上に策を練ってくる石井GMだけに打撃強化を優先してくるとの読み。
予想が当たっていれば単独だろうから2位指名以下になるが、割と馬力型の投手が好みのようなので高校生でも前(津田学園)や西(創志学園)、大学だと小孫(創価大)や地元で稲毛田(仙台大)だろうか。


ロッテ
◎佐々木 朗希(大船渡)
ホームランテラスを設置してレアードを獲得し、慢性的な長打力不足を補おうとした今シーズンは飛躍的にホームラン数が増えて一定の効果を確認。ただ、投手側も当然やられる機会が増えてしまった関係か涌井や石川らの先発陣を中心に成績の見た目以上にストレスになってしまったかも。
それでも20代前半の種市や岩下に東妻が台頭し、野手でも安田と藤原は来期のブレイクを感じさせるなどAクラス入りを目指せる新戦力が育ってきているだけ投手としてにロマンを感じる佐々木を指名公言も頷けるところ。
間違いなくクジになるだろうが清宮を外して安田、田中を外して佐々木と傾向を変えずに指名してくるので、外した場合は試合を作れる投手として吉田(日体大)か宮川(東芝)らが候補か。
野手では25歳以下の捕手がいないこともあり複数の獲得候補が出ているが、中でも東妻(智弁和歌山)と山瀬(星稜)の二人は上位で獲得してきてもおかしくないのでは。


日本ハム
◎佐々木 朗希(大船渡)
甲子園のスター・吉田に台湾の英雄・王を獲得し挑んだ今シーズンは夏前に一時首位に立つなど飛躍を見せたが、徐々に怪我人を出すと勝負の8月に大失速。Aクラスどころかあわや最下位の5位に終わってしまった。
それでもエース有原は最多勝と気を吐き、宮西とともに投手陣を引っ張っており吉田や堀が彼らに続けるかが来シーズンへの課題だろう。
今年も早々に1位・佐々木を公言し、やっぱりなと言う体勢でクジに臨むので後は当たるかどうか。外しても恐らく高校生の有名どころに行くだろうから及川(横浜高)か西(創志学)のどちらかを指名してきそう。
チームとしての基準を設けているせいか見事に30歳以上の野手が少ないあたりが指名の方針を物語っており、ポジション的にも西川と中島が30に近付いていることもあるので森(桐蔭学園)のような遊撃と中堅を兼ねられるような選手は上位で指名がありそう。


オリックス
◎佐々木 朗希(大船渡)
山岡・山本由・榊原の先発投手陣に海田・ディクソンのリリーフ陣だけは計算できたが、何より打てないのが最下位の決定的な要因。吉田正とロメロが見れる成績の中に中日から温情でモヤが来てそれなりになったが、塁に出られないなら返すバッターもいないでは笑えないところだろう。
こちらも含みは持たせているが佐々木を指名で間違いなさそうな雰囲気なので外したときだが、高校生よりは社会人に好みが偏っているので河野(JFE西)か太田(JR東)を上位に持ってくるか。
昨年の頓宮は内野手で獲得したこともあり捕手を狙っているだろうからウェーバー順を活かして佐藤(東洋大)と郡司(慶応大)のどちらかは確保しておきたいところだろう。
あとは長打力不足カバーを狙って大下(白鴎大)や井上(履正社)が狙えれば。


直前で公言したりあるから難しいね>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク