FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(東京ハイジャンプ編)

まだまだあるよー


台風の影響で土曜日の競馬が火曜日に、更に日曜日の競馬は来週の月曜日にスライド。
これがもしGI開催日だったらJRAはどんな対応をしていたか少し気になるところ。


東京ハイジャンプ
◎トラスト
かつては英ダービーに登録までした馬だったが、クラシックでは掲示板までの結果に終わり夢は露と消えた。最近、岡田総帥からこのワード聞かなくなったね、毎年のように言っていた気がしたのに。
ところが障害に転入すると3戦3楽勝して重賞に出てくるようになったし、是非とも年末にオジュウチョウサンと激突して勝った暁にはグランドナショナルに挑戦していただきたい。
○ブライトクォーツ
芝1200でデビューした馬だったが未勝利では勝ち上がれず、500万では2400~2600の芝・ダート兼用の馬として何度か馬券に絡む程度。それが障害では重賞で5着に入るわけだから、どこに適性があるか分からないものだ。
障害での1・2着は新潟と東京でサウスポーの可能性が高いので、前走でいきなり通用した地力なら得意条件に替われば前進も。
▲メイショウダッサイ
未勝利を勝ち上がってすぐに阪神スプリングJに挑戦し、アップトゥデイトに大差は付けられたものの3着に滑り込み。それからはこの路線の安定勢力として存在感を増しながら前走で小倉サマーJを制して初重賞勝ちを納めた。
新潟では2惨敗を喫していたが2走前に東京でしっかり勝っているようにスピードコースにも対応してきているし、馬場が回復していればスローに落としてそのまままで。
△サトノアッシュ
平地で通用しないから障害に転入して活路を見出だす馬はよくある話だが、障害で勝ち上がったあとに平地に戻って勝ち鞍を挙げたりするのは珍しい。しかも春先にはダートOP2着があるので太秦Sとダブル登録して両睨みするなんてオジュウチョウサンとこの馬くらいだろう。
このレースは昨年10着と着順は悪いが2秒差とまずまず付いていけていたし、差し脚が最後に届くような展開になれば漁夫の利も。


南部杯までの成績【5/115 ―99550円】トリガミ2取消2


火曜日にGIとかね>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク