FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(マイルCS編)

まだまだ風邪


熱は引きましたが喉の痛みが継続。
頭痛はマシになったが、ここでウインズに行くことはバイオハザードの原因になりかねないので勇気ある撤退。


マイルCS
◎ダイアトニック
デビュー以来、掲示板を外したことがない安定感が売りのロードカナロア産駒で、アーモンドアイみたいな超例外を除けばこう言うタイプに出るのが普通じゃないかと。あんなレベルを大量生産されたらケイアイFの時代が来るだろう。
まだ芝1600に勝ち鞍がないので懐疑的なオッズになっているが、逆に京都では負けたことがないのでどちらが強く出るか。
○ダノンキングリー
春のクラシックでは人気を背負いながら僅かに届かず皐月賞2着→ダービー3着。距離を延ばして成績が落ちたし、兄のダノングッドもダート短距離型なのでマイラーの一族なのかも。
同じダノン馬でもプレミアムが外枠に入ってしまったし、戸崎騎手の怪我で横山典騎手へスイッチしたことも含めて久々に2着固定とかしたくなる。
▲レイエンダ
うーん…大外枠かぁ…。
兄のレイデオロも3歳秋までは問題なく競馬ができていたのに、古馬になってから急に気難しさが露呈。海外遠征でまったく力を発揮できなかったし、精神面にかなり問題のある一族なんだと認識していた。
それだけに1600への距離短縮は個人的に歓迎していて、ひょっとしたら1200くらい短い方が集中力が続くのではと思ってここも期待していただけに前に壁を作れない外枠だけが心配。
△インディチャンプ
安田記念→マイルCSの連覇は近年でモーリスくらいしか達成できておらず毎日王冠でダノンキングリーに完敗し、春のマイラーズCでも4着だったからもっと人気が落ちると思っていたのに。福永騎手騎乗停止でも池添騎手にスイッチならタイプは違えどあまりダメージもないか。
手頃な枠に入れたのと逃げ馬がグァンチャーレとマイスタイルくらいしか見当たらないメンバーだけに、スンナリ番手から競馬ができたら簡単には捕まえられない。


東スポ杯2歳Sまでの成績【6/134 ―119070円】トリガミ2取消2


杏仁豆腐も最高>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク