FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(京成杯&日経新春杯編)

あと1頭


POGりん指名馬のトーセンチェイサーが新馬戦に出てきたので、これで9頭デビュー。
全頭デビューのボーナスポイントは毎年のように1頭デビューできずに貰えず終いなので何とかならないかヤキモキしてますが、残る1頭がダーレー馬だから情報が表に出て来ないんだよなぁ…。


京成杯
◎クリスタルブラック
ここまで得意距離がハッキリ分かれているキズナ産駒だが、この馬は母父タイキシャトルでも1800で勝ち上がり。スローペースを内で溜め、上がりながら差しきる正攻法とディープインパクト系らしい競馬を見せた。
ホープフルSの影響か上級サンデーサイレンス系が軒並み参戦しなくなったので近3年の馬券に絡んだ種牡馬はカオスだが、それなりに種牡馬が揃ってきた今回は割と2歳リーディング上位で決まったりしないか。
○ロールオブサンダー
エピファネイア産駒もパッとしないな~と思っていたが、勝ち上がり総数は30頭を超えて新種牡馬1位。そんなに居たっけ?と、おったまげた。
逃げて2連勝のあと京都2歳Sでも粘って3着とOPでも上々の競馬ができたし、ヒュッゲとの先行争いがあまり激化しなければ今回も好勝負。
▲キングオブドラゴン
何故かこの馬の兄弟は牝馬ばかりで、数少ない牡馬がアメリカズカップと言う皮肉。そしてこの馬も2戦目でアッサリ勝ち上がるなど、牡馬に出ると成績が良い一族のよう。
ハーツクライ産駒の関西馬ながらわざわざ福島→中山2000と転戦しているのも矢作調教師が意識して使っているように見えるし、中山得意のハーツクライをまた作ってきたならここは要注意。
△スカイグルーヴ
ダイナカール一族で脈々と結果を受け継ぎながらエピファネイアでこの馬が出たか。正直、エピファネイア産駒の勝ち上がりはロールオブサンダーとこの馬だけだと思ってた(笑)。
確かに新馬戦の勝ち方は出色で騒ぎたくなるところだが、牝馬なのにここなの?とか東京で圧勝なら共同通信杯じゃないの?とかノーザンFの使い分け被害に遭っているような気がしてならない。


日経新春杯
◎アフリカンゴールド
昨年はこのレースで15着に大敗したが、そこからキ○タマを取って軽量化を果たしアルゼンチン共和国杯でも3着と健闘。ようやくエンジンが掛かったような兆しも見えるし、ここからがステイゴールド産駒らしい本領発揮の1年になるだろう。
あとは外枠に入ったので行きたがる気性が再発しないことと、道中で内に入れて直線で福永しないかだけ心配。
○レッドジェニアル
京都新聞杯を制してダービー最終切符を手にしたが、本番ではロジャーバローズに先を越され秋はワールドプレミア・サートゥルナーリアに歯が立たず。GIで勝ち負けを狙うならもう一皮剥けないと苦しい状況だろう。
まずはGⅡレベルを相手に安定して勝負できるかが課題だが、勝ち味に遅い部分があるだけに頭まで突き抜けられるか。
▲サトノガーネット
俺もこの馬が好きだねぇ、ずっと印を打ってる気がする。
中日新聞杯を後方からの追い込み一気で遂に重賞制覇を果たしたが、これで昨年の5月から上がり2位以内も継続。好調期に入っている間にGIを使えるか気になるところ。
今回はサイモンラムセス辺りが大逃げを打てば隊列もバラけて捌きやすくなるし、再び追い込みが届く展開にもなるのでは。
△レッドレオン
新馬戦を勝ち上がってすぐにきさらぎ賞で重賞挑戦した素質馬だったが、その後は思うように使えず長期休養が重なった。前走も半年ぶりながら1600万クラスを卒業し、やっとOPまで返り咲いたしGIへの足掛かりが欲しいところ。
まだ体質的に不安の残る馬ではあるが、デビュー戦も雨の重馬場をこなしていたので今の京都芝なら走りやすいのでは。


愛知杯までの成績【1/5 +81230円】


チョゴリザテソーロ密かに勝ち上がったな>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク