FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(共同通信杯&京都記念編)

そう言えば


学生時代から疎遠なイベントのためすっかりバレンタインデーのことを忘れていましたが、海外出張から帰ってきていた部長からチョコを戴いていた。
箱の文字が読めないのでどこの国かと調べたらオーストリア。
またマニアックな国に行ってきたんだなと、疑いもせず食べましたがまさかそういう…!?


共同通信杯
◎マイラプソディ
新馬戦では梅花賞勝ちのブルーミングスカイ・京都2歳Sでは昨日クイーンCを勝ったミヤマザクラを下すなど、頭数に惑わされずしっかりした相手に勝ち切る好内容。ハーツクライ産駒はそういうところで取りこぼしが多かったのに、やはり傾向が変わってきている。
今回もまだ少頭数で揉まれる展開にはならないだろうし、本番までは泳がせておく方が面白いだろう。
○ダーリントンホール
ここまで洋芝の札幌と暮れの中山を走ってすべて3着以内と堅実に走れているが、これが安定感なのかサドラーズウェルズ系特有の重苦しさなのかは評価の分かれるところ。東京で勝ち上がっていればわかりやすいが、初めてでどうなるかは終わってからなのが悩ましい。
どちらにせよ超スローからの上がり勝負で日本のサンデーサイレンス系に勝てる脚は持ち合わせていないだろうから、先行から早めのスパートでどこまで粘れるか。
▲ビターエンダー
もうオルフェーヴル産駒なんて買わないよ絶対、なんて昨日のクイーンCで誓ったのにこれだもの。そりゃ槇原敬之もクスリに手を出しますわ。
道中をガッチリ折り合って直線に賭ける優等生な競馬は血統からも性に合わないみたいだし、東京なのに3コーナーマクリとか無茶な競馬をする方が突き抜ける可能性がなきにしも非ず。
△シングンバズーカ
ここまでこの母の産駒はすべてシングンオペラを種付けされていて、どんな信念を持って生産されたのかは知らないが勝ち上がる馬が出たのは立派。俺ならデビュー戦から障害で試しそうだもの。
父親の名前の通りオペラハウス系なのでダーリントンホール同様、上がり勝負は分が悪い展開だろうから併せる形で叩き合うスタミナ比べに持ち込めたら。


京都記念
◎ドレッドノータス
これまで京都では馬券圏内を外したことがなく、坂のあるない関係なく好走が偏っているのでよほど京都が合うのだろう。前世は足利家一門だろうか?
ハービンジャー産駒だけに雨の重馬場が気掛かりですが、稍重までならこなした実績があるし少しでも馬場が回復すればここでも。
○カレンブーケドール
クラシック戦線ではオークス→秋華賞とあと少し届かず2着に終わったが、ジャパンCでも2着と古馬相手に堂々の好走。枠に恵まれたとは言え内で我慢できる気性はGIのような乱戦でこそ活きる見本。
それだけに海外遠征を控えたGⅡでどれだけ仕上げて勝ちに来るかはディアドラで思い知っているだけに、あまり頭鉄板みたいな評価をしにくいのが素直なところ。
▲アルメリアブルーム
1600万条件を勝ち上がってすぐにエリザベス女王杯に挑戦し、ここは6着に敗れたものの年明け愛知杯では2着に好走。陣営も恐らく今の充実ぶりに手応えを感じていたからこその使い方だったのだろう。
こちらは少頭数か重馬場が勝ち切るときのパターンになっているし、どちらの条件も満たせそうな今回は思い切った勝負に出てもらいたい。
△クロノジェネシス
昨年は秋華賞でクラシック最後の一冠を制して父親のバゴにタイトルをプレゼントしたが、続くエリザベス女王杯では初めての馬券圏内を外す5着に敗退。上がり自体は3位の脚を使っていただけに大事に乗りすぎたのが敗因だろうか。
休み明けでも走るのが天栄ホースパークのお陰みたいな風潮はあるが、この馬に限っては新馬戦に休み明けはすべて好走してるので単純に休み明けから○→×のリズムを刻めば良いのかも。


クイーンCまでの成績【1/15 +57230円】


ホモチョコ…!?>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク