FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(中山記念&阪急杯編)

コロナ余波


無事に開催までは漕ぎ着けたものの無観客での競馬と言う今まで経験のない状態。
ウインズもJパルスも発売がないので、馬券の購入にはネットしかないから混み合う可能性が高そうだ。
ウイルスは目に見えないだけに、仕方ない処置だろうなぁ…。


中山記念
◎ラッキーライラック
オルフェーヴル産駒の気難しさを象徴するような昨秋の走りだったが、香港でも2着と健闘して完全に復調したと見て良いのではないかと判断。ステイゴールド産駒も2歳で活躍→3~4歳で不振→5歳で本格化みたいな馬が多かったし、この馬も案外ここから強くなったりしないか。
少頭数ながら距離や中山に不安のあるタイプが揃ったように思えるので、昨年2着の実績を評価したい。
○ダノンキングリー
共同通信杯ではアドマイヤマーズを下し、毎日王冠ではアエロリットを差し切るなど世代屈指の脚を持ちながらGIには一歩届かず。2000に不安があり1600はやや短いなど、今後も使い方に苦労しそうなイメージを残すことになった。
明けてからここを選択したのも取り敢えず1800に適性を感じてのものだろうし、ここで買って大阪杯や安田記念では消すリズムが正解だろうか。
▲ウインブライト
中山と香港では無類の強さを発揮するが、それ以外の競馬場だとサッパリ走らない困ったちゃん。特定の条件でしか走らない馬は古今東西数多に居たが、QE2世Cや香港Cまで勝つとは誰が予想しただろう。
3連覇は掛かるものの休み明けを苦手にしていてオールカマーでの凡走も記憶に新しいが、それで人気を落とすなら積極的に買いたい馬でもある。
△ペルシアンナイト
マイルCSでのGI戴冠から随分と時間が流れたような気がする。あのハービンジャー祭りから未だにディアドラも海外で頑張っていますよ。
中山は2回走って皐月賞2着と一昨年のこのレースを5着の成績ですが、好走パターンは適度に上がりが掛かる乱戦だけにマルターズアポジーが大逃げを打つ流れならマクリ合戦を捌いて来れるかも。


阪急杯
◎マイスタイル
函館記念勝ちや弥生賞2着など2000を中心に活躍してきた馬だったが、昨年から1600以下に矛先を向けてマイルCS4着など一定の成果を出してきた。ただ、短距離になるほど先手を取るのが厳しくなるので、自分の形に持ち込めないと脆いのは仕方ない。
今回は1400の割にこれと言った逃げ馬が見当たらず、いきなり逃げる馬は現れるだろうがスンナリ番手は確保できそうなので開幕週の馬場を味方に押し切りたい。
○ベストアクター
ディープインパクト産駒ながら1400を得意としている馬で、母ベストロケーションも祖母ダイナアクトレスも1200~1400の重賞で活躍していたし短距離一族の血脈が活きているのだろう。ダイナアクトレスはオークス2着もあるけど。
前走はスタートで後手を踏みながら差し切る味のある競馬を見せて幅が広がってきたし、この血統ならいきなりの重賞でも気後れすることはないのでは。
▲ステルヴィオ
ようやくこの路線に入ってきてくれたか。昨秋もスプリンターズSを使うかもしれない報道が出たが、頓挫してここまで延びたのは誤算だった。
個人的に高松宮記念でも買いたいと思っている馬なので、バレない程度にスプリント適性を披露してくれたら。
△ジョイフル
一昨年までは芝1200~1400で外人騎手が乗ったときだけ買えばいいみたいな馬だったのが、昨夏に川又騎手で2着を取ると馬が変わったように成績も安定。OP勝ちの後にシルクロードSでも流れに戸惑うことなく伸びてきて、着順は一息でも経験をうまく積めたと考えて良いだろう。
今回は慣れも見込めて1400に距離延長なら更に付いていきやすいだろうし、内枠さえ捌ければ前進も可能だろう。


フェブラリーSまでの成績【1/21 +42830円】


平穏な日々、早よ>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク