FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(ディープインパクト記念編)




弥生賞がディープインパクト記念に名称が変更されたわけだが、3冠馬なら記念競争が組まれるわけでもなく種牡馬としての実績も加味された上でのものとか。
それなら2冠だけどレコード連発と病死の判官贔屓的なトキノミノル記念(共同通信杯)はなんやねんとかになるが…。
馬名競争の形をあれくらいにしておけばスプリングSやフィリーズレビューみたいな横文字使う位ならシンボリルドルフ記念とメジロラモーヌ記念とかにしても違和感ないと思うんだがな。


ディープインパクト記念
◎ブラックホール
日刊競馬POG指名馬として札幌2歳Sを勝利したときは小躍りしたものだが、ホープフルSでは1枠だったこともあり包まれるのを嫌って出していった結果なにも出来ずに終わってしまった。やはりゴールドシップもステイゴールドなどだと考えるべきだろう。
その意味では真ん中の枠に入り逃げ馬も揃った今回は今までのような終いに賭けられる展開になるだろうし、良馬場の切れ味勝負よりはズブズブの差し決着に活路を見出だせるはず。
○ワーケア
JRA―VANPOG指名馬として新馬→アイビーSと連勝したときは小躍りしたものだが、ホープフルSではスタートから不利を受けたのか後方からになってしまい3着まで。スムーズな競馬をしていたら勝ち負けまであったかもしれないが、一発勝負のGIでタラレバは厳禁と言うもの。
今回は僅かながら頭数も減って捌きやすいだろうし、重馬場のアイビーSでも問題なく走れていたので素直に見直し。
▲オーソリティ
サラブレPOGの指名馬として新馬→芙蓉Sと連勝したときは小躍りしたものだが、ホープフルSではワーケア同様に不利を受けて道中から位置を上げていき手応えよく直線を向いたが坂で止まってしまった。マクるよりはじっくり構えた方が良さそうで、実は東京向きなのではと感じたり。
ヒューイットソン騎手も昨日で日本の競馬を何となく掴めたのではないかと思われるし、来日すぐの外国人騎手を買うなら腕っぷしを問われる短距離・ダートより折り合い重視の中長距離・芝でこそ。
△サトノフラッグ
POGりん指名予定だったが姉が活躍した関係でJRA―VANPOGへと移動させた指名馬。おぉ、POG指名馬だけでクラシック重賞の印を埋めることができるなんて初めてじゃないか!?
新馬戦を負けたときは「俺が目を付けたディープインパクト産駒はみんなコレだよ!」と落胆したが何とか2連勝でOP入り。それで1番人気なのは正直えぇ…?と思っているが、POG指名馬で馬券圏内独占を狙ってほしい。


オーシャンSまでの成績【1/25 +33230円】


有馬記念も俗称だし>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク