FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(高松宮記念&マーチS編)

とうとうGIまで


簡単には終息しないだろうと思われていたコロナ騒動ですが結局GIまで無観客開催になってしまう事態に。
まだ開催をしてくれるだけマシなんだろうが、これで騎手やトレセン内で感染者が出るようなら開催そのものがなくなる可能性もあるだけに関係者の皆様にはご留意していただきたいところ。


高松宮記念
◎モズアスコット
安田記念を連闘で制してGI馬の仲間入りを果たしたが、そこでの無理が祟ったのか1年以上未勝利と言うスランプに陥りダートへ転向した。大抵こういう曲線を描く馬は消えていくことが多いのに、根岸S→フェブラリーSと連勝して再びGI戴冠をするのだからフランケルの恐ろしさは半端ない。
再び芝のGIと言うことでオッズも半信半疑みたいな数値を示しているが、折からの悪天候で馬場悪化は必至だしダートでの経験がここでも活きるのでは。
○タワーオブロンドン
これまで崩れたのは東京芝1600だけで、それ以外のコースでは1200~1600で満遍なく勝ち鞍がある万能選手。藤沢和厩舎で東京が苦手な馬が出るのは心底意外だが、そりゃ例外だって居ますよと言う話か。
前走は休み明けらしい太め残りの馬体ながら3着まで持ってきて上々の始動をできただろうし、しっかり仕上げられたここは勝ち負けを意識したいところ。
▲ノームコア
クラシック戦線でも紫苑S勝ちやエリザベス女王杯5着などがあるため2000前後を中心に使われていたが、実は5勝中3勝は1600でマイラー色が強く出ている牝馬。香港マイルでも見せ場とまでは行かなかったが4着と好走し、牡馬相手でも通用するところを見せてくれた。
今回は初めての1200なのでペースに戸惑わないかが懸念材料だが、大外枠なら挟まれて後方からと言う心配はないだろうし前半を付いていければ一発もあるのでは。
△ステルヴィオ
阪急杯の時も印を打って期待していたが中団から脚を伸ばしてきて5着まで。1400のペースに置いていかれかけたが何とか踏ん張って走っていたし、久々を差し引けばまずまずの内容だったのでは。
更に距離短縮されて1200の1枠なのでスタートがカギになるが、コスモス賞で重馬場の勝ち鞍もあるし内埒沿いをスルスル上がっていけたら。


マーチS
◎アシャカトブ
東京ダート1600でも勝ち鞍自体はあるが3勝は中山ダート1800と言う中山巧者。アレキサンドライトSでは初めて馬券圏内を外したが、勝ち馬以外は掲示板が差し・追い込み馬のなか先行して6着なら頑張った方だろう。
重賞ではあるがGI戦線から零れてきた馬たちと上がり馬の構図は例年通りで、どちらかと言えば勢いのある馬に分があるので一気に連勝できるか。
○ワイルドカード
関東馬ながら中山ダートは1戦しかしたことがなく、それも大差シンガリ負けを喫して半年休養の引き金となった因縁の舞台。坂のある阪神で2勝していたり小回りの福島でも勝ち鞍があるのに、何がそんなに嫌なのか聞いてみたいものだ。
前売りがなかったので人気が分かりにくい面はあるが、コース実績と休み明けを嫌われて人気を落とすようなら狙ってみたいところ。
▲タイムフライヤー
芝のGI馬がスランプからダートへ転向した場合、普通はこんな成績になるものだよ。モズアスコットみたいに連勝してGI制覇してしまうのが異常なんだ。
ここまで着順こそ奮わないもののすべて1秒以内の僅差で走っているし、中山ダートは初めてだがホープフルSの勝ち馬なら意外とアッサリこなしてしまっても驚かない。
△メイショウワザシ
新馬戦で勝ち上がったものの2~3歳時はパッとしない成績に終始していたが、昨年2勝目を挙げた辺りから馬が変わったようで掲示板を外したのは出遅れた東大路Sだけ。アイルハヴアナザー産駒の大型馬らしく先行して粘る競馬に持ち込めれば渋とさを発揮して重賞でも戦える。
メンバー的に先行はしたいが逃げて目標にはなりたくないと言う馬が多い構成だし、先手を主張すれば難なく取れそうなだけに外枠から切り込むように逃げてくれたら。


日経賞までの成績【1/33 +15540円】トリガミ1


ダービー取り止めとか無しだぜ>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク