パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

SS系

スポーツ用品でない


サラブレでSS系種牡馬の特集をしていましたが、ワタクシ胴長熊猫は以前より『SS系種牡馬は自身の母父に似る』説を唱えておりました。
ですのでダンスインザダークならニジンスキー、スペシャルウィークならマルゼンスキー産駒が走っていると。
フジキセキは少々異系なので何が出るか予想できませんでしたが、タキオンはロイヤルスキーなので将来的にはカネヒキリのようなダートの一線級が出ると信じてます。
そうなると気になるのがディープインパクト。
母父はリファール系アルザオ。字面だけならダンシングブレーヴ産駒という印象なので、個人的には父とは違う馬力型の重馬場巧者が出るんじゃないかな…?と思います。


キングヘイローより斬れてコマンダーインチーフより芝向き?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク