パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(オークス・スペシャル編)

体調、若干上向き


昨日ほどではないにしろまだ胃の中がズーンと重く、空腹時の胃痛が半端ないため常に水分で紛らわせていたらお腹を下した次第。
だが、これには正露丸が効く。
オークス
1枠1番コスモネモシン
フェアリーSの勝ち馬だが枠に恵まれた感は否めないし、東京でも2戦してオルレアンノオトメに競り負けるようでは。小回りなら今後も注意。
1枠2番アグネスワルツ
長期休養明けでフローラS2着と、伊達にワイルドラズベリーを破ってはいない。
ただ柴田善は大逃げを打つタイプの騎手でなく他に逃げる馬がいれば控えて折り合うため、GIで勝つためにはマイナス。
2枠3番◎アプリコットフィズ
ベタですいません。
それでもクイーンCの勝ち方はオークスを感じさせたし、桜花賞を叩き台にして望むようなローテなら買わざるをえない。
2枠4番ショウリュウムーン
何で1番人気なのか。
確かにアパパネに勝ってはいるし、桜花賞もあわやの展開だったが…。内田博への乗り替わり以外は買う要素は見当たらない。
3枠5番ギンザボナンザ
これまた謎の乗り替わり。
これまで乗っていた北村宏に替わり池添。GIで一発があるかもという目論みかもしれないが連続して乗せていた騎手を替えるのは牝馬のレースではどうだろうか?
3枠6番△オウケンサクラ
バゴ産駒がどの程度やれるか疑問だったが、ここまでのレースを見る限りやっぱり中距離以上を前で踏張るのがよさそう。
今回は前に行く馬がいるだろうから無理せず好位から抜け出す競馬で。気になるのはデビューから休みなく使われ8戦目で、上がり目があるかどうか。
4枠7番ニーマルオトメ
そしてこの馬に北村宏。
単純に余っていたからだろうし同型がいる今回はさすがに割引。
4枠8番プリンセスメモリー
クイーンC2着があり、毎回いい脚を使ってはいるがスウェプトオーヴァーボード産駒に2400は長すぎる印象。ダリア賞勝ちがあるように関屋記念あたりで狙ってみたい。
5枠9番モーニングフェイス
抽選を潜り抜けて出走を勝ち取り、血統も2400は問題なさそうだが、そもそもミモザ賞も忘れな草賞も敗者復活戦の色合いが濃く少頭数だったのもあってイマイチ評価できない。
実際、東京2400でも負けているし…。
5枠10番タガノエリザベート
ファンタジーSを勝っているが、あのレースの週は「前に行かないと競馬にならない」と人気どころが前に行きすぎて後ろ有利になっただけで、実力は個人的には疑問符。すみれSでもスローのヨーイドンで後れを取ったし今回もなし。
6枠11番ブルーミングアレー
アパパネやエイシンフラッシュなどと接戦をするものの実はまだ500万条件の身。
堅実なレースぶりは評価するが大舞台での一発までとなるとさすがに厳しいか。ヤネは好きだけど。
6枠12番トレノエンジェル
お母さんもオークスに出ていて、密かに母娘出走を達成(笑)。
父タイキシャトルで2400は苦しいかもしれないが、お母さんより上の着順を目指してほしい。
7枠13番アニメイトバイオ
桜花賞はまさかのマイナス20キロを計時して8着に大敗。しかも内田博を奪われた中での本番。
個人的に後藤騎手は距離が延びるほどGIでは買えない騎手なので何か企んでいそうだが敢えて無視で。
7枠14番▲シンメイフジ
フラワーCは馬場を考慮したのか突如として前に行き5着。桜花賞は今まで通り後方待機から鋭進して6着。
なかなか思うような競馬ができなかったが決して具合が悪いわけではないし、父フジキセキの呪いをダノンシャンティが取り払ってくれた気がするので。
7枠15番エーシンリターンズ
いい競馬をしても人気にならなかったが、ようやくそれなりの人気に納まってきた。
個人的には前走で品切れのように感じたし、母父キャロルハウスといってもスローの切れ味勝負になったら分が悪そうなので。
8枠16番ステラリード
昨夏の勢いはどこに行ってしまったのかと思えるような下降線。
オークスとは関係ないが、この厩舎はときどき無謀とも思う登録をするので誰か止めてあげてください。
8枠17番アパパネ
NHKマイルに行くと思っていたら見向きもせずここへ。
距離が不安とマスコミが言うときは得てして逆の結果に終わるものだが、母ソルティビットでその前もボールドルーラー系。スタミナの出所を説明できない血統構成だけに頼みは地力。
8枠18番○サンテミリオン
この枠は想定外だったかもしれないが、桜花賞をパスしてまでオークスに絞った陣営を信じたい。
もともとオークスはトライアル組を買わなかったきらいがあったが、今年の状況なら。


携帯で書くのがしんどかった>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク