パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(ラジオNIKKEI賞&函館スプリントS編)

ないなぁ


昨日のオグリキャップが亡くなったニュースのあとに『何かのサインか!?』と思って出馬表を見返してみたけど何も見つからず。
まぁ、こういうのは得てして終わったあとに気付くものだけど。
ラジオNIKKEI賞
◎レッドスパークル
GIでは強豪の壁に弾き返されたものの、京成杯ではエイシンフラッシュ、東スポ杯2歳Sではローズキングダムと接戦を演じた。
こういいタイプがいいのか、1000万を勝ち上がったタイプがいいのかを見定めるためにも個人的には大事な一戦。
○ジャングルハヤテ
逃げ切って勝ち上がったあとの重賞だが、鞍上の西田は七夕賞勝ちもありおそらく逃げるのは間違いない。
父ジャングルポケット、母父ダンシングブレーヴで遮二無二逃げてどこまで。
▲アロマカフェ
小島太厩舎は色気を出したときほど騎手の使い方がいやらしいと言うか、境調教師の真逆というか、まぁ女装した男のスカートの中を撮影する息子には乗せられないということか。
△トゥザグローリー
気持ちとしては本命タイプなんだけど、デビューからダービーへ半ば強行ローテだっただけに、果たして疲れが本当に取れているか。調教師の全競馬場重賞制覇のためなら切りたいのだが…うーん。


函館スプリントS
◎ラブミーチャン
前走に引き続き51キロの軽量は魅力。フィリーズレビューでもハナを奪えたならたいしてテンのダッシュ力があると思えないこのメンバーなら行き来ってしまえばもしかしたら。浜口騎手、笠松所属だし。
○アーバニティ
あまり得意とは思わなかった時計勝負でも3着に好走してかなり調子が上がってきた気運。ここは勝ち時計も速くはなりにくいので枠を活かして先行すれば。
▲キョウエイアシュラ
昨年、頑張った舞台に帰ってきての一戦。
餅は餅屋という言葉は、隣の枠の馬がよく知っている。
△ビービーガルダン
ほら、オグリキャップの主戦だったじゃない。安藤勝…。


芦毛は1頭いるけど…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク