パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(関屋記念&函館2歳S編)

普段通り


「徐々に今までと同じ生活スタイルに戻していきましょう」と言われているのですが【ウインズ高松まで行って日がな一日、馬券に興ずる】というのは当てはまらないようです。チッ。


関屋記念
◎セイクリッドバレー
いい競馬はするけれども何かにやられるという感じで突き抜けられないキャラ。
ただ、昨年の勝ち馬スマイルジャックも似たような状況から爆発したし、彼にも一つ勲章が欲しい。
○タマモナイスプレイ
長らくのスランプから脱したのか安定して前で競馬ができるようになった。ペース次第の面もあるだろうが力を付けた今なら。
▲ムラマサノヨートー
NHKマイルでの印象が強かったため重賞でもやれると思いながら出世に時間を要した感じ。だがGIで3着の実績があるわけだし格負けすることはないだろうからあの時のように後ろからドカンと。
△マイネルクラリティ
昨冬にオープン挑戦した際はボコボコに負けましたが、前走は粘って3着まで来ていてグラスワンダー産駒らしくゆっくり相手に慣れながら力を付けていくタイプなのかも。それだけに突き抜けるまでは微妙だが大崩れなく走りそうで。


函館2歳S
◎マジカルポケット
なかなか買い要素を見つけるのが難しい2歳戦ですが、ラベンダー賞を勝ったロビンフットに完勝したなら人気なのも納得か。
○ルリニガナ
この馬の活躍次第では大坪さんの舌が危険なのではないかという懸念がされています(笑)。外枠からで内を見ながら競馬ができるのは今の2歳馬には楽な条件ではないかなと。
▲トラストワン
何やら某第三種のビールを想像してしまいますな。
新馬戦で評判馬に囲まれながら発馬もしっかり二の足を利かせて終いも伸ばす理想的な勝ち方。でも、この時期の乗り替わりは実力を反映することが多いのが少し不安。
△テイエムシャトウ
新馬戦で1秒近く離され2戦目で勝ち上がりということであまりいい傾向ではありませんが、父はこのレースに向いているサンデーではないヘイルトゥリーズン系タイキシャトル。人気もないし気楽に走ってくれれば。


『じゃあパルス…』「同じです」>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク