パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(新潟記念&キーンランドC編)

週末の過ごし方


競馬以外にやることと言えば掃除・洗濯と、家事さえ済ませてしまえばゴロ寝という主婦も真っ青な生活になりそうなのでネットカフェに行き【週刊ラジオPOGりん】の自分の出演部分を半ば発狂しながら何度も聴くというドM行為を繰り返すのです。


新潟記念
◎バトルバニヤン
七夕賞、小倉記念と、あと一歩の結果に終わり、陣営も何とか重賞とサマーシリーズ優勝をさせたいという気迫を感じる和田騎手の新潟参戦。
ハンデが少々キツいかなぁと思わなくもないが、ここまで来たなら突き抜けてほしい。
○サンライズベガ
前走は荒れた馬場を先行してマークされる形になり後ろ有利の展開にも泣かされ惨敗。
ただ七夕賞の時のように後ろからでも競馬はできるわけだし今回は中団辺りで流れに乗るのではないかと勝手に想像。
▲マルカシェンク
毎度毎度、最後方から進んで届くかなゲームを楽しんでいるとしか思えないお馬さん。
ただハマればメンバー中でも32秒台前半の切れ味を持っているしヤネが蛯名というのも一か八かっぽくてよい(何が?)
△サンレイジャスパー
このレースは意外とリピーターレースで過去に走った馬が2回目も来ることがあったりするのです。
アルコセニョーラと迷ったのですが、ブッシーとナンちゃんならナンちゃんだよねー?


キーンランドC
◎ビービーガルダン
休み明けの前走は不利な外枠に入ったにもかかわらずあれだけの脚を使ってあそこまで来る実力。
叩いて斤量減で内枠なら買う要素は満載だが、それだけにポカも心配。
○マヤノツルギ
やっぱりジョリーズヘイロー産駒にありがちな時計の掛かる競馬にならないと上位に来れないヘイロー系のタイプ。
馬体重の増減が激しく、かといってそれが結果とつながらないので好不調を掴みにくいのが難点。
▲トウカイミステリー
毎年いる、夏をステップに重賞戦線に頭を出してくる典型的な牝馬で連勝中の勢いは買いたいが、GI常連がいる中この枠で果たして?
△キルシュブリューテ
重賞クラスに上がってきてから力不足の感は否めないが、昨年の夏に札幌ながら芝1200で勝ち鞍があり馬場適性ならあるはずなので文字通り着を拾ってほしい。


自分の声って気持ち悪い…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/08/29 19:56】 | #[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク