パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(京成杯AH&セントウルS)編

素晴らしい引きっぷり


昨日はPOGりん馬のネオザフラッシュと8人も競合したレーヴディソールを見るためだけにウインズ高松まで行ってまいりました。(馬券は買ってないもん!)
そして補欠で指名していたクエルクスに離されて3着に。畜生。
あ、レーヴディソール強かったね。誰が乗っても勝つよありゃ。中館らしくない、正攻法で気持ち悪いくらいスマートな競馬で。


京成杯AH
◎キョウエイアシュラ
春のGIでは見せ場まででしたが、2歳で終わりではないというところは見せてくれた感じ。
中山は2回走って2回とも負けていますがどちらも人気以上には走っているし3歳の代表として頑張ってほしい。
○サンカルロ
クラシック路線を捨ててマイルにシフトしてからようやく板に付いてきた感じのあった春でしたがGIはやはり別格か。
競馬が少しずつ後ろからになっているのが開幕週だけに気掛かりですが、騎手もアホではないのでその辺りは工夫するでしょう。
▲フライングアップル
1200で復調のきっかけを掴みましたが、もともとはダービーに出たほどの馬ですから要は走る気が起きやすい短距離を使うことで力を発揮できるようになったのかも。
今回は1600ですが開幕週のハイペースが刺激になれば一発まで。
△ダイワマックワン
芝・ダートともに1200を中心に使われマイルもユニコーンSの2着がある程度ながら今の中山なら行ききればスタミナ切れを起こしても押し切る可能性がなきにしもあらずなので。


セントウルS
◎ショウナンカザン
昨年の秋から続いていた快進撃も一時は止まったように見えていましたが、休みを挟んで前走は自分から競馬を作りに行ってコンマ3秒差と叩いた効果はあった。
阪神も一度だけながらキンシャサノキセキとやはりコンマ3秒差の5着に健闘。3走目の今回はどうか。
○メリッサ
アイビスSDのドンケツから北九州記念は一気に1着。単純に距離が短すぎるだけか。
昨年が似たようなローテで惨敗しているのと、秋になるにつれて成績が下降するのは気になるが、前走2着馬のほうが人気なのはおかしいし、それなら勝ち馬を信じるほうがおいしい。
▲ヘッドライナー
CBC賞のあとはGIやサマーシリーズには目もくれずスプリンターズSを目標にしていますといった臨戦過程。
本番前の一叩きとしても格好くらいは付けてほしいもの。
△ショウナンアルバ
前走は取り消しになってしまいましたがTUF杯で破ったケイティラヴが重賞を勝ち、フリーウェイSでもその後3連対で重賞に進んだトウカイミステリーに先着し、2歳時の勢いが帰ってきたかなと。
何より同じ関東馬でショウナン2騎がいながら、柴田善がお手馬を捨ててこちらに初騎乗というのが臭すぎる。


GIまで勝たれたら泣く>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク