パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(シリウスS&札幌2歳S)編

KWTKの罠!?


2週間に1度の通院。
帰りに例の南海ブックスにでも寄ろうかな…いやいや通院のために有給を使っているわけだしそんなエッチな…ってダメェ!
体操服ブラ透けの小学生がしゃがんでエロ同人誌なんて読んだらダメェェ!


シリウスS
◎マイネルアワグラス
地方周りが増えたことで中央での力関係が計りにくいところですが、一昨年のこのレースを勝っていて負けるときは道悪が多いので晴れの良馬場なら。
○キングスエンブレム
出世に少し時間が掛かったもののウォーエンブレム産駒らしく少頭数で気分よく走ることができる外枠からなら。芝でも2200をこなしているし距離がダメということもないはず。
▲ユウキタイティ
平坦向きの馬が多いカリズマティック産駒にしては珍しく阪神が得意。
ダ2000は2回走って3着内はありませんが、昨年末のベテルギウスSも12頭立ての8枠からコンマ4秒差まで来ていたので。
△ワンダースピード
大敗したあとの長期休養明けということで本来なら嫌いたいところですが、オールカマーの前例があったばかりなので適性条件に出てきたときは押さえるくらいしておく。


札幌2歳S
◎アドマイヤセプター
新馬戦だけを見たらどれほどのモノだろうかと思ってしまうほどだったが、案外そういうのに限って…なんて天の邪鬼な考えも過ったが強い馬が強い勝ち方をしてくれるほうが2歳戦では面白い。
○マイネルギブソン
2勝目を挙げている馬が1頭だけならやはり無視するわけには行かない。
来年も乗せてくれるかは丹内もこれ次第。負ければアッサリ替えられるからアホな騎乗だけはしないように。
▲メイショウトチワカ
そのマイネルギブソンに新馬戦では破れたものの、2戦目でしっかり勝ち上がれた点を評価したい。
隣が隣だけにスタートでぶつからないか不安。
△オールアズワン
溜めれば斬れる脚はあることを示したここまでの2戦。時計勝負になっても上がり勝負になっても対応できそうなのは心強い。


しかも小学校低学年>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク