パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(南部杯)編

ヤマニンエルブ菊回避


ヒシミラクルやマイネルデスポットの再来を予感した穴党のみなさま。お疲れさまでした。
今年の3歳クラシックは格差世代と言い続けてきましたが、いよいよ上がり馬にすら門戸は開かないのかと思わせる不運ぶり。
春はGIでパッとしなかったダッシャーゴーゴーやアリゼオが奮闘するのを見ると『4歳世代はエアシャカール世代の再来か…』と考えてしまいます。


南部杯
◎エスポワールシチー
個人的にはここで4着以下に飛んで『10/11、エスポワールシチー、レース後にアメリカに高飛び』なんてネタをますざぶに送りたいけど、スタートに失敗しないかぎりそれもなさそう。
○セレスハント
前走で倒した相手がイマイチG3レベルだっただけにどうかなぁという気がしますが、福永騎手がメイショウバトラーではなく、こちらを選んだなら仕方ない。年増は嫌いか?
▲バーディバーディ
JDDの負け方があまりにも目に余るのですが、万が一にもエスポワールシチーに土を付けられるとすれば3歳という若さだけではないか。若いっていいよね(結論がおかしい)。
△オーロマイスター
テスタマッタを押さえたかったけど、それをしたらトリガミ必至なので仕方なく。あまり好きじゃないのよね吉田豊(私怨)。
まぁ、JRA勢が内枠に偏ったし外から楽にポンと出られたら競馬になるかな程度。


その前に秋華賞があるな>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク