パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(府中牝馬S&秋華賞)編

帰ってきたよ


7月以来のウインズ高松。私は再び戦地に帰ってきた。エイドリアーン!(壊れた)


府中牝馬S
◎コロンバスサークル
春先に重賞でいまひとつでしたが、前走を見るかぎりはOPクラスなら問題なく走る力はある。格よりも勢いを重視して連対まで。
○ブロードストリート
GIの煽りを受けて鮫島騎手に乗り替わりなのが気になるところですが、昨年のクラシックを戦ってきたことを考えたらここでも堅実に走ってほしい。
▲スマートシルエット
毎日王冠でも3歳が頑張っていたし、力はまだ一枚下かもしれないが前走は逃げて上がり2位という離れ業を見せていたので同型多数でも前で勝負。
△シングライクバード
勝てそうで勝てないレースが続いて、もどかしい時期もありましたがようやく重賞に出てこれるまでになりました。もともと重賞を期待されていた馬だしいい枠も引いたので。


秋華賞
◎アパパネ
本当に強いのかどうか半信半疑だった春から秋の緒戦も4着で、本気で強さがわからなくなってきましたが外枠に入っても蛯名のことだからコッソリ内に入れて抜け出しそうなので。
○サンテミリオン
横山典が乗れないのはわかっていたが、それにしても人気急落。
久々も不利だと思われているのでしょうが、少なくとも先行させたらその辺の逃げ馬よりは強いはず。
▲ワイルドラズベリー
春のGIのトレンドが「関東馬」だったので、スプリンターズSを鑑みて秋のトレンドを考えた結果「父が妙なやつ」に決定。
サンデーサイレンス系ばかりの中で父バゴのオウケンサクラと迷いましたがHペースを後ろからブチ抜くのがうまいのは池添かな。
△レディアルバローザ
前走のローズSは何も出来ないままズルズル後退していって大敗しましたが、この枠で幸なら前回のようなことにはなりそうにないというか、この男は内回りのマギレ勝負に強いので。


何だか風邪気味>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク