パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

10/24開催

長距離は腕というが


今回はビッグウィークが菊花賞を勝ちましたが、個人的には津村騎手の騎乗が1つのポイントだったように映りました。
逃げ宣言をした馬は大抵、スタートから出鞭を入れるか押して行くかするなりして10馬身近いリードを保つのが普通ですが、スタートは普通に出て1000mの通過は1分1秒。そしてスタンド前の声援がなくなる第一コーナーを過ぎてから引き離しにかかる大逃げに打って出たにもかかわらず2000mの通過が2分4秒。
京都10Rの桂川Sが行った行ったで決まっていたのを見ても、このラップを刻まれた時点で後ろの馬にはノーチャンス。直線を向いたときにはあのまま決まる気がしました。
結果的にはスタートでやりあわずに3番手から逃げるコスモラピュタをじっくり交わした川田騎手の好判断だったのでしょうが、津村騎手のしたたかさにレース中に『いやらしい逃げ方だ』とかつぶやいてました。
1番人気のローズキングダムは、むしろあの位置からよく2着まで届いたなというのが正直な感想。普通は掲示板にも載れずに「ペースが・・・」とか言い訳しそうな状況からあそこまで詰め寄ったわけだから馬自体の能力は一番だったのかもしれません。実際、掲示板は前にいた馬たちが独占だったわけだし。
痛恨だったのはビートブラック。追加登録までして菊花賞に出ていたとは知らなかったため今回は前走が条件戦の馬をすべて切っていたのですが、そこまでして出ようとする心意気を知っていれば△はこの馬に打っていたのになぁ・・・(どちらにしろハズレはハズレ)。


来週は引越しだなぁ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク