パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京都ジャンプS&京王杯2歳S)編

気になる


車に貼ってある「赤ちゃんが乗ってます」ステッカー。
あれは何の意味があるのだろう?乗っていなくてもアオリや追越しはダメだし、運転に支障を起こす可能性があるならチャイルドシートに縛り付けるのが義務なのだから、特に意味をなさないと思うのだが。


京都ジャンプS
◎エイシンボストン
逃げ差し不明の脚質ながら2走前のレースではしぶとく食い下がっての4着で、見せ場はあった。今回は逃げ馬が揃ったことで真ん中からだろうが前崩れの展開なら。
○ショウリュウケン
坂のあるコースよりも平坦向きの印象があるのでコース替わりは歓迎。ただ同様に最後に叩かれることもしばしばなので注意。
▲トーワベガ
この2頭はスト2ネタを言われだしてから何回も対戦しているだけあってさすがに力関係はハッキリしてきた気がしますが、年末前の叩き台なら逆転される可能性もあるのでは。
△テイエムハリアー
相手は関係なくまずは逃げられるかが焦点。前でうまく競馬ができれば止まらない芝コースを利用してセーフティリードのまま…も考えられる。


京王杯2歳S
◎オルフェーヴル
前走は前を捕まえ切れませんでしたがその相手は重賞でも好走。決して力負けではないし、気性に問題があるならむしろ短縮はプラス材料になるかも。
○オースミイージー
逃げ切りで2連勝。外枠に入ったことで内を見ながら競馬をするでしょうが、ハーツクライ産駒だし先々を考えたら控える競馬も見てみたい。
▲エーシンブラン
崩れる事無く走るのはさすがにこの父の影響が大きいのかなと。突き抜けるまでは微妙ですが、カウントダウンみたいな着順なのでひょっとしたら。
△シゲルジュウヤク
福島で勝ち上がったので地味な印象ですが、阪神の多頭数でも前で競馬ができていたので積極性ならまずまず。重賞でやれる実力があるかは未知数ながら、人気が無いほうが楽しいグラスワンダー産駒でどこまで。


自己満足?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク