パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(全日本2歳優駿編)

人間聴取会


私のアパートはモロ単身者が住むようなワンルームアパートなんですが、いかんせん古いので防音設備が行き届いておらず隣人のテレビ音はおろか寝静まると時計のチクタク音まで聞こえる始末。
そんな中、クリスマスを前に隣人が彼女様をお作りになられたようで、会社から帰ってきて見知らぬ車が止まっていたら十中八九隣からギシアンが聞こえ、明らかに彼女様より隣人のほうが声が大きいため「エロ本の女にありがちな『声、ガマンできないよぉ><』なんて嘘っぱちだ!」と憤る夜分。


全日本2歳優駿
◎ナイトバロン
何せ人気になっている馬達の父がデュランダル、メイショウボーラー、アッミラーレでもう何のレースなのか聞きたくなる。
それでティズナウを本命にするか?と言われそうだが相性のいい平和賞の勝ち馬だしまだマシなんじゃないかと。
○ニシケンモノノフ
道営から中央入りして1200でスピード負けせず兵庫ジュニアGPでも好位から押し切る競馬でダートは負けなし5連勝。ホントにメイショウボーラー産駒ですか?
今どき武士=モノノフなんて名前なかなか聞けないし花の慶次よりシグルイの気分。
▲ハッピースプリント
北海道2歳優駿の勝ち馬ながら芝でも函館2歳S5着があり、名前に違わずスプリント力がある。アッミラーレだって腐ってもサンデー系種牡馬。
距離短縮が少し気になりますが1200でもこなしているしマイルの流れにも対応できるはず。
△メイショウイチオシ
新馬戦こそ出遅れたものの行き脚がついたここ2戦は先手を奪って逃げ切る勝ち方。もちの木賞は倒した馬達との再戦みたいでしたが難なく返り討ち。
これもメイショウボーラーで…とここまで書いてて気付いたけど、メイショウボーラーもダートGI勝ち馬だったわ。メンゴ。


朝日杯FSまでの成績
【9/135 ‐187670円】


拝啓隣人様、ちょっと早すぎませんか…(汗)>胴長熊猫

今日のボックス(朝日杯FS編)

フェイント


昼休みに郵便局へ行こうとしたら係長から「競馬新聞買ってきて」と頼まれたので「何がいいです?」と聞き返したら「何でもいい」なんて言うから゙福ちゃん゙。
係長「??」
胴長「(・∀・)ニヤニヤ」
係長「あれ?」
胴長「はい。つ[デイリー]」
係長「手の込んだ冗談だなおい」


朝日杯FS
◎ショウナンアチーヴ
デビューから少しずつ距離を延ばされて前走は東京1400で差し切り勝ち。2歳馬で中山と東京の両方で勝てる辺りはサクラバクシンオーの系統らしい。
今回はさらに1ハロン延長して1600だがグランプリボスも克服したし、母のショウナンパントルも阪神JF馬だから2歳GIなら出番があるはず。
○プレイアンドリアル
東スポ杯2歳Sでは中央の流れに対応できるか半信半疑だったが問題なく先行して2着。逃げ粘ったわけではなくしっかり好位から脚を伸ばすあたりコスモバルクより上質かも。
小回りの中山に替わるが芝はもっと小回りの盛岡で勝ち上がったわけだからドンと来いだろうし中央勢に一泡吹かせたい。
▲アジアエクスプレス
ヘネシー×メドウレイクにコジーン×ラジャババで何がアジアか。ま、ディープインパクトを「日本の」近代競馬の結晶と呼ぶ世界だから気にはしないが。
ヘニーヒューズ産駒はダート寄りの種牡馬ながら芝の重賞ウィナーも出しているしオキザリス賞の脚を見たらダート戦線では一枚上っぽいのであとは適性があるかどうか。
△アトム
ホウライアキコが盛大にぶっ飛んだので信用度が落ちたデイリー杯2歳S組ですが、新馬戦では昨日ひいらぎ賞を勝ったミッキーアイルを下していてレベルは高いレースだった。
母父ラーイなのがGIだとちょっと引っ掛かるが先週悔しい思いをした川田だけに捲土重来を期したい。


愛知杯までの成績
【9/134 ‐185270円】


あ、違いました?(・∀・)>胴長熊猫

今日のボックス(愛知杯編)

某茄子


今年は4月からずっと赤字だ赤字だと言われ続けていて(というか、消費税増税前の駆け込み需要を考えずに冬の間ずっと減産してたため他社に先を越されただけ)、みんな冬のボーナスは無さそうだなと覚悟を決めていたわけです。
ワタクシ胴長はひっそり労働組合の長をやらされているため従業員一同の一縷の望みを一心に受けて交渉に望んだわけで。


一同「胴長!どうなった!?」
胴長「…」
一同「寸志くらいは出るのか!?」
胴長「昨年より…」
一同「昨年より?」
胴長「多いです…。」
(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)


( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)
胴長「現実をみてください」


愛知杯
◎スマートレイアー
秋華賞は最後にいい脚で飛び込んできたがわずかに届かず。GIで武兄弟のワンツー馬券がしばらく売れる元凶となった。
他にも選択肢があるなかで迷わずここを狙うのは来年以降も秋華賞を走った3歳牝馬の定番になりそう。55キロは見込まれたがすっかり手の内に入れた武豊なら乗りこなすはず。
○シャトーブランシュ
前走も狙っていたけど仕掛けどころで下げる展開が痛すぎ。あれがなければ3着争いの中に入れた。
気を取り直して今回だが似たような成績の馬が多く、好調を維持しているのが前提になるが中央場所よりはローカルのほうが良さそうなキングヘイロー産駒だし改めて。
▲コウエイオトメ
名前だけ聞くと、~ホマレとか~オーという馬名ばかりの時代から来たんじゃないかと錯覚する馬。高速道路を驀進した馬とも間違えそう。
牝馬ながら2200以上に実績があるタイプでスタミナ比べなら負けないわよとでもいいたげなので、池添だしロングスパートを仕掛けてくれたら。
△オールザットジャズ
タニノギムレット産駒の割に中山や福島に良績がある器用なタイプ。折り合いに難があるからかコーナーが多い競馬場のほうが合っている感じ。
さすがにソロソロ繁殖入りの話題も出るだろうし嫁入り前に勲章を増やしたいところ。


阪神JFまでの成績
【9/133 ‐182870円】


やっぱおかしいこの会社>胴長熊猫

今日のボックス(阪神JF&カペラS編)


この馬券


朝、ウインズのゴミ箱の付いた机でマークカードを塗ってたら地見屋の爺さんがゴミ箱を漁って馬券を調べていたが全部ハズレだったのか舌打ちしてどっかに行ってしまい「出すのは勝手だが自分でゴミ箱に捨て直せよ…」と片付けようとした馬券の束の一番上にあったもの。恐らくレープロで昨日の結果ばかり調べていたから気付かなかったのだろう。
折り目が付いていたので破損馬券になるかな?と払い戻してみたら普通に24440円。ちょっと地見屋をやりたくなる気持ちがわからんでもない初冬。


阪神JF
◎ハープスター
ホウライアキコとどっちが1番人気になるか見ていたがやっぱりこっちが1番人気だったか。ディープインパクトとヨハネスブルグの比較では分が悪いわな。
新潟2歳S以来なのが引っ掛かるが、5着のマーブルカテドラルを物差しに考えたら頭一つ抜けている印象を受けるし仕上がっていれば外を回しても間に合う今の阪神なら。
○モズハツコイ
2歳馬ながら早くも7戦目。ききょうS、デイリー杯2歳SでコケながらファンタジーSで巻き返してきて、伊達にOPで1番人気に推されてないなと。
阪神JFが得意なクロフネ産駒でファンタジーSチョイ負けして人気を落とした馬を狙うのがセオリーだし外枠を克服すれば。
▲フォーエバーモア
デビューから2連勝ですが、ちょっと別路戦からの参戦ということで人気は少しなさげ。左回りにしか経験がないのもマイナス要素でネオユニヴァース産駒の牝馬に一流馬が出ていないのも気になるところ。
それでもサンデーレーシングで鹿戸厩舎だしGIで好走する下地は備わっていると思うのだが。
△マジックタイム
スタートに難があるのか3戦してすべて最後方からブッ込んでくるイケイケギャル(古)。宮崎でも杉原でも勝ち負けできる末脚はたいしたもの。
今回も後ろから一発狙いだろうから早めに仕掛けていく馬がペースを上げてくれれば。


カペラS
◎スリーボストン
この馬、前にこのレースで穴を開けなかった?と調べてみたらスリーアベニュー。スリー違い。
室町Sを勝って前走で負けて5番人気前後というボストンハーバー産駒なんて、まさに穴を開けますよと言っているようなものなので前走大敗も度外視。
○ティアップワイルド
年に一度のお楽しみ、中山ダ1200のティアップワイルド。
休み明けは行きっぷりもイマイチだったが前走の武蔵野Sで行き脚も久しぶりに付いてズルズル後退の理想的敗戦。無事に人気も落ちたし気楽に前々勝負で粘ってくれたら。
▲ケビンドゥ
3歳時はモタモタした感じだったが、夏にキッカケを掴んでから安定感が出てきて5着に負けたレースもキモンレッドとコンマ1秒差だから本格化の兆し。
ダート路線は出るだけでも大変な大混雑ぶりなのでうまく賞金を加算したいところ。
△セイクリムズン
いや、しぶとい。
地方交流重賞じゃないと付いていけないと思わせながらプロキオンS2着があり、JBCスプリントでも3着に滑り込むなど老いてなお盛ん。背負うのは仕方ないが中央重賞の流れにも戸惑わなければ十分やれる力は残っているはず。


朝日CCまでの成績
【9/131 ‐178070円】


天からの贈り物>胴長熊猫

今日のボックス(朝日CC編)

微妙に絶妙


玉ねぎと人参を買ったところでカレーにするかシチューにするか迷い、両方のルゥを買って帰ってもまだ迷ったので「この際だから」と半分ずつ投入してカチューやらシレーやらみたいなココナッツカレーが出来上がる。
カレーにしてはパンチが足りず、シチューにしてはコクがない何だかなぁなシロモノ。


朝日CC
◎ヒストリカル
昨年のこのレースでは人気を裏切ったが、今年のレースぶりを見てもやっぱり上がりの掛かる阪神が得意か。何だかメンバーを見渡すと来年もこの相手と何度も顔を合わせそうなので、勝って一つ上の路線を歩んでほしいが。
○タマモベストプレイ
早く1400前後のレースを使ってみてほしいが中距離路線での走りも見てみたいのも事実。ここを負けたら京都金杯になりそうだけど。
菊花賞はペースアップで不利があり力を出し切れなかった感じなので広いコースで流れが落ち着けば台頭があっても。
▲ラウンドワールド
2歳時の期待度からすればやや物足りない成績に終わりクラシックも棒に振ったが、休み明けの前走はなかなか揃った相手ながらキッチリ差し切っていて仕上がれば重賞でもやれる力は見せた。
陣営も無理せずGⅢから着実にステップを踏ませているしこのクラスにメドは立てたい。
△マックスドリーム
下級条件ではマイルでもマクリを決められたがさすがに重賞レベルになると後方ままになりがち。少しでも流れが緩むレースのほうが自分の走りができるはず。
アドマイヤマックス産駒はマイル以下を使われることが多いが、実は追走が楽な2000前後で上がりが掛かる馬場のほうが向いているのではないか。


ジャパンカップダートまでの成績
【9/130 ‐175670円】


マズかないが>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク