FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(中山大障害&愛知杯編)

GIなのにぃ


土曜日にGIはやめようぜ。仕事だってばよ。
騎手も昔「勝っても明日も競馬があるから祝勝会に出られない」って苦情があったじゃない。
思い切って有馬記念の前のレースにしてダブルGI開催とかしねぇ?熊沢騎手連勝とか見たくね?


中山大障害
◎サンレイデューク
前走はブービー人気ながら中団追走から見事に差し切り。デュランダル産駒で、あまり障害に馴染みのない血統が隠れ蓑になってる感じ。
今年3月には中山OP2着から中山GJ5着と、東京ほどではないが走れないコースでもないし一発を狙うならここかも。
○バアゼルリバー
昨年はGI2つでいずれも1番人気を裏切ってしまい、またもビッグタイトルに手が届かなかった。
約1年ぶりの前走は平地だったので仕上がり具合が計りにくいのが難点だが、こういう使い方はもう慣れているだろうし一昨年には2着に来たレースなので再度注意。
▲アポロマーベリック
昨年の勝ち馬で春の中山GJも制したが、この秋は復帰戦で逃げ潰れ前走はダート平地。順調さを欠いているのが昨年とは違うところ。
近年で連覇したのはキングジョイだけで、障害も以前のようにスタミナ種牡馬産駒を使えばいいだけのレースではなくなったので相性の良さに賭けたい。
△オースミムーン
ようやくスランプを脱出したようで、前走は昨年の勢いを思い出させるような逃走劇。気分よく走れば簡単には止められないスピードは周りには脅威。
大障害コースで調子を崩しただけにトラウマになってないかが心配ながら、逃げたいケイアイドウソジンとの兼ね合い次第では粘りこみも。


愛知杯
◎アイスフォーリス
一昨年のオークス3着馬だがその後は随分と遠回りをしてきた。まぁ母父クロフネだし2000までだったというオチか。
左回りの2000で2勝を挙げて再昇級で、2年前のこのレース4着とコース経験もあるならGIを勝って好調の三浦が今週もイケるかも。
○シャトーブランシュ
こちらも昨年は秋華賞に出た実力馬だったがクラス落ちしてから自己条件に苦しんだ。夏の小倉で復活したようにひょっとしたら単に暑い時期が得意なだけなのかも。
これまではずっと番手競馬ばかりだったが、前走で追い込みでも競馬ができたことがプラスに出れば。
▲フーラブライド
エリザベス女王杯は先行馬が残る展開の中を伸びてきたが4着まで。GIを獲るなら最適な条件だっただけに痛かった。
今回のメンバーでは実績上位なのにやや人気薄なのは酒井とゴールドアリュール産駒のなせる技。1番人気に応える人馬ではないし穴人気の時こそ買い時。
△キャトルフィーユ
前走は先行勢に有利な展開で直線までの手応えも悪くなかったがそこまで伸びず。距離が長いのか単に実力か。
それでも掲示板を死守した辺りは充実期を迎えているからだろうし、人気どころに追い込み馬が多い今回なら逃げ馬の後ろをコソッと付いていけば前進も。


全日本2歳優駿までの成績 4/137 ‐234960円】返還5400円


大障害のファンファーレがお気に入り>胴長熊猫

今日のボックス(全日本2歳優駿編)

積雪


1センチくらいかな?
徳島でこの状況だともっと寒いところはシャレにならないんだろうなぁ。1mとか見たら絶望どころじゃないね。


全日本2歳優駿
◎ディアドムス
プラタナス賞ではタップザットに完敗したが、前走の北海道2歳優駿では欝憤を晴らす快勝劇。距離延長も奏功した。
今回はリベンジ戦になるが、追ってバテない分だけ有利だろうから定年間近の高橋祐調教師に念願のGIタイトルをもたらしてほしい。
○タイセイラビッシュ
カンパニー産駒ながら芝では今一つでダートに替わって2連勝。矢作厩舎に入るとダート適性が上がる秘密でもあるのだろうか?
今回はいきなりのGIだが岩田を鞍上に迎えて勝負気配なので馬場が合えば。
▲クラバズーカー
デビュー当初はモタモタしていた感があったが、徐々に軌道に乗り始めて北海道2歳優駿でも人気薄ながら3着に滑り込んだ。
スターキングマン産駒だがキングカメハメハに近い印象で1800は長いように見えたので1ハロン短縮が良いほうに出たら。
△タケデンタイガー
函館2歳S2着の実績はあるが、いちょうS・前走の園田ジュニアGPで惨敗。いつもの函館デビュー馬のような萎み方をしてきている。
ただフレンチデピュティ産駒でダートが向かないことはないだろうし、1200に付いていけるスピードがあるなら地方交流重賞2戦目でペース慣れして変わり身があっても。


阪神JFまでの成績 4/136 ‐232560円】返還5400円


開催するかな…?>胴長熊猫

今日のボックス(阪神JF&カペラS編)

選挙


昔から1票で何が変わるものかと思いつつも、投じない事には変わらないのでとりあえず行く選挙。
ただ、候補者2名で自民党と共産党しかいない我が選挙区では♪どちらにしようかなすらままならない。前は小沢が演説に来てたくらいなのになぁ。


阪神JF
◎ショウナンアデラ
新馬戦こそナヴィオンの末脚に屈したが、そこからはディープインパクト産駒には珍しい先行力を武器に2連勝。外枠なので控えるのも手か。
母系が京都2歳Sでブッ飛んだティルナノーグと同じなのが気になるが、唯一のディープインパクト産駒だけに突き抜けても。
○コートシャルマン
前走は休み明けでプラス14キロと増えていながらキッチリ差し切ってデビュー2連勝。本格化までは2着が多いハーツクライ産駒ながら決め手はここでも上位。
この秋は福永から乗り替わった馬がGIで立て続けに来ているので、川田が少し不安だが連軸視。
▲ダノングラシアス
外枠ばっかりじゃないか!まぁ、開幕週よりは差しが届く馬場だけと。
新馬戦で3着に負かした相手がタガノエスプレッソ、その後は連続2着ながらいずれも上がり2位と最速を計時していて末脚勝負もドンと来いタイプ。
マンハッタンカフェ産駒は1着か掲示板外かのハッキリした馬が多いので、まさに一か八か。
△アルマオンディーナ
毎年1戦1勝の馬が馬券に絡むレースだが、あまり人気になっていないほうが良さそうなので彼女に。
キンシャサノキセキ産駒で1400を勝ち上がってきたが、兄が菊花賞2着スカイディグニティ・新潟大賞典勝ちのゴールデンダリアならもう少し距離が長くなっても保ちそうなので。
あと母系にリボーでっせ、金満・長老様(笑)。


カペラS
◎ダッシャーワン
スプリンター王国・安田隆厩舎らしく関西馬でもダート1200を追い求めて新潟でも遠征するこだわりよう。最近までサクラバクシンオー産駒のゴーゴーと混同してた。
毎年混戦ムード漂う一戦なので何とも言えないが、今のデキならいきなり通用してもおかしくない。
○タイセイファントム
昨年のこのレースは8着だったが、その時とは違って今年はすべてのレースで5着以内。1600万を勝ち上がったのも中山ダ1200で実績もある。
ダート重賞ではあまり馴染みのないファンタスティックライト産駒だが、高齢になってもしぶといレッドゴット系と考えたら内田博が力で追いまくれば。
▲サウンドガガ
JBCレディスクラシックは3番人気に推されたが1800はやはり長かったのか惨敗。地方なら1600まで粘れても中央では1200オンリーなのは単純な力の差か。
逃げやすい8枠に入れたが、逃げ馬が残りにくいレースだけに柴山が思い切って逃げられるか。
△タールタン
武蔵野Sでも印を打ったが外枠から先行してハイペースに巻き込まれてズルズル後退。OPと重賞の違いを思い知らされた。
意識して1400の広いコースばかりを使われていただけにいきなり小回りに対応できるのか心配だが、内枠をスルスル抜けてくる脚を隠し持っていたら。


チャレンジCまでの成績 4/134 ‐227760円】返還5400円


野党が少数多品種すぎる>胴長熊猫

今日のボックス(チャレンジC編)

朝日がない


何かレース名が見慣れないなぁと思ったら朝日新聞の冠がなくなってたこのレース。
せっかくだから他の新聞社にスポンサーになってもらえばなんて考えたが、聖教チャレンジCとか日々木材新聞チャレンジCとかはダメだ。


チャレンジC
◎スマートレイアー
エリザベス女王杯では今まで通りの追い込みに賭けたが、番手に付けた馬だけで決まる展開に泣いて後方まま。追い込み馬の宿命だが割り切っている以上は仕方ない。
今回もエイシンヒカリの出方次第だが、馬群がバラけて捌きやすくなるだろうから前が止まる展開になってくれたら。
○フルーキー
掲示板を外したのは明らかに距離が長すぎた菊花賞だけで、それ以外は4着が1度だけという堅実派。1年ぶりの休養明けをものともせず連勝を飾って再びOPに伸し上がってきた。
ダンチヒ系のリダウツチョイスだけに時計勝負は望むところだろうし、壁に当たるまではイケイケの系統だけにここでも。
▲エイシンヒカリ
4月にデビューしてから無傷の5連勝。遅咲きの…ってストームバード×カロの母系で遅咲き…?
逃げて上がり32秒台を叩きだす脚を繰り出されたら一溜まりもないだろうが、重賞クラスがチラホラいるメンバー相手にどこまでやれるかの試金石。
△シゲルササグリ
OPでは苦戦が続いているが重賞でも5着があるように、まったく通用していないわけではない。上がりに限界があるようなので京都よりは阪神向きだろう。
それでもパンパンの良馬場では厳しいだろうが、やや渋った今の芝で上がりが35秒台後半になれば出番があっても。


チャンピオンズCまでの成績 4/133 ‐225360円】返還5400円


歴史はすごいGⅢ>胴長熊猫

今日のボックス(チャンピオンズC編)

雪やと!?


仕事に行こうとしたら何か急に曇ってきてまさかの吹雪。
家よりさらに山奥の集落では孤立世帯が出ていたり、雪害で行方不明があったりと、徳島が全国に先駆けて雪の脅威にさらされるとは…。


チャンピオンズC
◎ローマンレジェンド
ギリギリの馬体重で東京大賞典を勝ったのが尾を引いてしまい、長らくスランプに陥っていたが前走でようやく復調。使い込むと嫌気を出してしまうからか陣営も間隔を空けてきた。
左回りは1度だけだが、トウショウフリークを1秒ちぎる圧巻の内容だったし久々を気にしなければ。
○ナムラビクター
ダートに替わってからはマイル戦だった武蔵野Sを除いたらすべて掲示板内で、ゼンノロブロイ産駒ながら軽い京都よりも阪神を得意にしているから母父のエンドスウィープが強く出ているのかも。
GIでは少し足りない血統だが、叩き3戦目でさらに上昇できれば。
▲グレープブランデー
ここ最近は走っても走っても醜態を晒すだけだったが前走で久しぶりに馬券圏内。過去にも連続好走→しばらく不振というサイクルを繰り返していたので連チャンを警戒。
仮にもGI馬だし寒い時期の左回りなら見限らずに押さえてみたい。
△インカンテーション
これまでの好走は左回りか右回りなら軽いダートで、その通りならここでも勝負できそう。ただ、あまりにも条件が揃いすぎてるのが気掛かり。
外枠と、血統的に人気を背負って嬉しい感じでもない人馬だけに無欲のレースをできるか。


ステイヤーズSまでの成績 4/132 ‐222960円】返還5400円


寒い寒い>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク