パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京都新聞杯編)

似ている部分


ゴールデンウィークに帰省したらオカンから「掛布が亡くなった」とか言われて、マジで!?と調べたがそんなニュースは出ておらず。
よくよく話を聞いたら衣笠と間違えてた。
野球に興味のない人間が写真だけで判断するとこうなるのね。


京都新聞杯
◎レノヴァール
デビューからずっとテレンコな成績を辿っていて、それが続くなら今回は走る番。ハーツクライ産駒だし、人気が少し落ちたくらいが狙いどころ。
スプリングS組は先週もゴーフォザサミットが青葉賞を制していたし、あのレースで差して届かなかった馬はここ以外でも要注意。
○フランツ
ルメール・デムーロでは勝っていて福永では5着。わかりやすいな、キミ。
3コーナーで置いていかれる場面が見受けられるので仕掛けに関しては乗り手を選ぶ馬なのは間違いないだろう。それだけにデムーロが継続騎乗してくれる今回は賞金加算して本番に望みを繋ぎたいところ。
▲レイエスプランドル
新馬戦では京都2歳S勝ちのグレイル・次の未勝利では若葉S勝ちのアイトーンとOPレベルの馬にやられたが、年明けの小倉で勝ち上がると2連勝。早い時期にOP級と戦ってきた経験は無駄ではなかったと証明した。
ここ2走は先行しているが元々は3角マクリでも競馬をしていた馬だし、馬場状態に合わせて作戦を変えられるのは強味だろう。
△アドマイヤアルバ
ここまで8戦して1度も4着以下無しと言う抜群の安定感を誇っているが、同時に何度も単勝1倍台で2着にコケているので単勝馬券に突っ込んだ人はかなり痛い目に遭っているだろう。まぁ、ハーツクライ産駒の単勝1倍台を信用するほうが個人的にはアレだと思うけど。
今回はバッチリ人気を落としたしコケているのは少頭数の上がり勝負ばかりなので、頭数の多くなった乱戦必至の舞台でこそ真骨頂。


かしわ記念までの成績【4/57 ―18740円】


二人の共通点…あっ(察し)>胴長熊猫

今日のボックス(かしわ記念編)

オールナイト


かしわ記念と言うといつもはゴールデンウィークの真ん中辺りでデイ開催されていたイメージだったのに、今年は平日に行われるから観に行けないな~なんて思ってたら何とナイター開催。
かつての福山→高知連携ナイターを彷彿とさせる大井→船橋の南関東連携ナイターなんて派手なことやってるのか。
くっ、ワイの財布を根こそぎ吸い取る気やな!


かしわ記念
◎インカンテーション
長期休養から帰ってきてしばらくは二桁着順が続いたものの、昨年のマーチSで復活すると東京大賞典以外は馬券に絡む安定感を取り戻した。フェブラリーSでも3着と8歳馬とは思えない充実ぶり。
何度も対戦してきたメンバー構成だけに、昨年2着のコース経験によるアドバンテージがある分だけ上に取りたい。
○ゴールドドリーム
昨年のドバイWC遠征でシンガリ負けした影響が長く引きずる形で不振に陥っていたが、チャンピオンズCで8番人気の低評価を覆して快勝。連覇を狙ったフェブラリーSは2着だったが、最後にうまく抜け出されたもので強い競馬をしたのはこちらだろう。
地方遠征はこれまで勝利がないが、大井ほどは深くない船橋ならもう少しやれてもいいのでは。
▲オールブラッシュ
うっかり川崎記念を勝った関係で使えるレースが少なくなってしまったが、ウォーエンブレムの血が近いところに入るとGIをアッサリ勝つ代わりに条件レベルの馬にもアッサリ負ける脆さも同居する気がする。
今回は逃げ馬が見当たらない状況で内枠に入れたし、揉まれずにスンナリ先手を取れたら意外に粘れた川崎記念の再現も。
△ノンコノユメ
二つ○を捨ててちょっぴり大人さ。
なんて歌ったわけではないだろうが、虚勢の効果で活躍できたのだからもう走れるだけ走るしかないだろう。
ただ、追い込み一手で大外枠に入り、直線が長いとは言えフェブラリーSのようなハイペースは見込めそうにないメンバーだけに頭まで突き抜ける展開になってくれるか。


天皇賞・春までの成績【3/56 ―49010円】


自嘲するけど自重しない>胴長熊猫

今日のボックス(天皇賞・春編)

マイノリティ


POGりんに限らず、これまでPOGであまり他人と被ることがなかった(初POGでセイウンスカイ指名したり)関係で人と違った馬ばかりになっていた。
特に気にしていないし獲りたい馬を獲れるわけだからむしろ得じゃね?と思っていたが、先日に当たったPOG本を読んで納得した。
最終リストに残した馬が本当に載ってない。
エース馬に予定してる馬ですら載ってない。


天皇賞・春
◎レインボーライン
昨秋は王道路線を突き進んだが天皇賞・秋3着が最高成績でキタサンブラックには歯が立たず。まぁ、アレに真っ向勝負で勝てるようなら既にGIの一つや二つ勝てるだろうさ。
年明けからここを目標にして阪神大賞典も快勝。菊花賞2着と距離適性も見せているステイゴールド産駒ならいよいよ戴冠の準備は整った。
○サトノクロニクル
大雨に祟られた昨年の菊花賞は着順こそ大敗だが、勝負所で置いていかれて巻き返しながら直線で順位を上げたもの。潜在的なスタミナで言えばやる気を削がれてもおかしくない展開で最後まで伸びたのは評価できる。
京都新聞杯2着に白百合S勝ちと京都適性はあるだろうし、過去4年連続で馬券に絡んでいるハーツクライの血統を信じて。
▲ガンコ
ダートの条件戦を使っていた馬が芝のGIへ、なんてフィーチャーされてるが新馬戦に至っては芝1200でデビューしている。しかも2着なんだから訳がわからないよステイゴールド系。
ここ10年で初GI挑戦で勝てたのはマイネルキッツとアドマイヤジュピタの2頭。無理やり共通点を探せば複数回重賞で馬券圏内があるくらいなので、チェスナットコートよりはこちらを上に取る。
△トーセンバジル
昨年までは煮え切らないハービンジャー産駒と言うイメージしかなかったが、新潟記念で何かのスイッチが入ったのか香港ヴァーズでも3着に頑張ってひょっとしたら本格化してきたか?
昨年の阪神大賞典3着があってマイルCSでペルシアンナイトが京都を克服したし、今春もハービンジャー旋風を巻き起こすか注目。


青葉賞までの成績【3/55 ―46810円】


九州産なんて載ってねぇ>胴長熊猫

今日のボックス(青葉賞編)

また会う日まで


こたつ撤収。
ゴールデンウィークにやることと言ったら、まずはこれですな。
ここを面倒臭がって時期を逃すとダラダラ7月まで出しっぱなしになるなんてことも有り得るので、少し肌寒いかしら?なんて思う頃に撤去するのが一番。


青葉賞
◎オブセッション
弥生賞では4コーナーでまさかの逃避行動を見せてしまい直線では遥か外を走りながら7着。気性的に幼い面が出てしまったらしく金を賭ける側としては何とも心許ないのは確か。
ただ、シクラメンSでの脚はまともに使えればダノンプレミアムに対抗できるのはこの馬だけだと思わせるものだったし、広い東京に替わって能力を出し切れるか。
○ダノンマジェスティ
きさらぎ賞をスローペースに泣いて大敗したが、すぐに大寒桜賞ではグレートウォリアーを追い込みで差し切り快勝。先行から押し切るような行儀の良い競馬は不向きで、愚直に後ろから構えるのがしばらくは最善手になりそう。
18頭立てで逃げ馬もそれなりに揃ったが、みんな権利を欲しがって早めの勝負に出るだろうし仕掛けが遅れないようにだけは気を付けたい。
▲ダブルフラット
こちらは逆に後方から切れ味鋭く追い込んでくる競馬では勝ちきれず、逃げてスタミナ勝負に持ち込んで結果を出してきたマンハッタンカフェ産駒。ルージュバックもそうだったが、前からか後ろからかどちらで勝負して良いのかわかりにくいのがマンハッタンカフェ産駒の難しいところ。
ここ2走は逃げているが枠も内側に入れたし、無理に逃げるような馬がいるならうまくポケットに入って溜める競馬で埒沿いスルスルを見せてほしい。
△エタリオウ
ノーザンF生産馬だがデビュー前はあまり騒がれるような存在ではなかったが、使われるごとに力を付けていきここ2走も連続2着。前走はマクリで抜け出したところをサトノワルキューレにやられたものだし運がなかっただけだろう。
東京なのでマクリをカマすのは難しいかもしれないが、レースを動かしていく力はあるので単純な直線だけの上がり勝負にはしたくない。


フローラSまでの成績【3/54 ―44410円】


冬までしまっちゃおうねぇ>胴長熊猫

今日のボックス(フローラS&マイラーズC編)

しびしび


仕事の配置転換で新しい機械を使うようになったが、まだ操作と仕事の速さに対応しきれていないせいか無駄な力が入っているようで右手が痺れる。
肘から指先までジンジン来ているので、うっかり寝返りで右手を下にすると感覚がなくなってヒヤリとする。


フローラS
◎サトノワルキューレ
牝馬にしては珍しく芝1800でデビューすると芝2400の500万条件に向かい、前走ゆきやなぎ賞でOP入り。牡馬の長距離砲が揃いやすい条件を崩れることなく走れたのは評価も高い。
そうなると2000への距離短縮は気掛かりだが、ベスト条件であろうオークスに出るためには連対が必須なのでスタミナにモノを言わす競馬で。
○オハナ
石橋脩も良い馬に乗せてもらえるようになりましたなぁ。権利を取ってもラッキーライラックだろうから本番は乗り替わりか。
2連勝で挑んだクイーンCは4着だったが、10着だったレッドベルローズがミモザ賞ですぐに巻き返していたし血統的にマイラー色は強いが母系はトニービンからのラインだし東京なら2000まで。
▲ノームコア
長期休養明けだったフラワーCは先行して粘り込む競馬で3着。久々でも中山1800を牡馬相手に勝ち上がってきた実力は伊達ではなかった。
今回は東京に替わって同じように走れるかだが、これといった逃げ馬が不在で楽に先行できそうだし昨年もハービンジャー産駒でワンツーを決めているので極端な上がり勝負にならなければ。
△ノーブルカリナン
エルフィンS2着でクラシックに出るにはトライアルを使わざるを得なくなり、厳しい日程のなかフラワーCに出走したが7着。騎手を確保できず出遅れて見せ場もなしでは割り切って忘れな草賞あたりが良かったような…と思わせる敗戦だった。
再び関東遠征だがディープインパクト産駒らしい広いコースで直線勝負に持ち込むのがベターだろうし、まずはスタートを決めて好位で立ち回りたい。


マイラーズC
◎モズアスコット
高松宮記念でも見たかった馬だが、阪急杯で賞金を加算できなかったからか最初から目標は安田記念一本なのかここへ回ってきた。フランケル自体は晩成型だったし、こういうタイプのほうが実際は父系の特徴が出ているのかも。
開幕週は無茶苦茶な時計が出やすい京都開催だが、土曜日はいずれも上がり34秒台と適度に掛かっていたし意外と差しも届いてくるのでは。
○サングレーザー
昨年は一気の上昇を見せるとスワンSで重賞も制覇してマイルCSでも3着。2歳時にはホープフルSにも出ていた馬だし、今年はGIにも期待が掛かる。
休養明けで追い込み一手なので人気も落ちているが、何も考えずに後ろから追い込めばいいやで突っ込んできてくれたら。
▲ベルキャニオン
ディープインパクト産駒にしては珍しく京都芝1600以上を使われたことのない馬。関東馬だが割りと適性で遠征してくる堀厩舎だけに珍しさはアップする。
7歳になったが休み明けから使われるごとに内容も良化しているし、内枠から先行して雪崩れ込む競馬でコソッと滑り込めば。
△ブラックムーン
それまでは1200~1600で適性も計りあぐねていた感じだったが、昨秋に馬が変わってきたのか3戦連続で上がり最速を出して前走でも京都金杯を勝利。ここから好長期に入ってくれば無視できない存在になりそう。
目標は安田記念なのでこちらも叩き台だろうが、ここで惨敗するようだと本番も危ういだけに見せ場は作ってほしい。


福島牝馬Sまでの成績【3/52 ―39610円】


早く慣れねば>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク