FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(JBCデイ&アルゼンチン共和国杯編)

長い


4レース予想しないといけないのに日本シリーズをガッツリ見ていたせいで手付かずのまま寝落ち。
窓を開けてたので朝、鼻水を垂らしながら起きて予想する情けない11月。


JBCスプリント
◎セイウンコウセイ
短距離路線は若い力が台頭しやすく、入れ替わりの激しいカテゴリーなので長く政権を維持するのが困難。この馬もまた高松宮記念からGIを勝てずに足踏みが続いている。
ダートは未勝利を勝ち上がって以来なのでOPレベルでも対応できるのか未知数ではあるが、フォーティナイナー×シアトルスルー×ボールドルーラーの配合だと考えればむしろ芝で走っていたのが不思議な部類。
○マテラスカイ
スパイツタウン産駒にまだ1番人気を維持させてるとかちょっと怖い。単勝を買ってる人は度胸があるなぁ。
前走は休み明けで馬体重も18キロ増と言うことで最後にパタッと止まってしまったがスタートからのスピードはここでも一枚上だろうと言う判断でしょうが、勢いの止まったゴーンウェスト系は平気でやらかす系統でもあるので物見クセが付いてなければ。
▲テーオーヘリオス
長らくダートでも1400を中心に使われていたのが、春に1200を勝つと北海道スプリントCでも押し切って待望の重賞制覇。素直に走れる条件なら格上でも気にならないのはフサイチペガサス産駒らしい。
その勝ち上がったダート1200の天王山Sではマテラスカイよりも速い時計で走破しており、ゴチャ付かない外枠からスンナリ先行できれば人気薄でも侮れない。
△キタサンミカヅキ
中央ではOPクラスで頭打ちになっていたのが南関東に移籍してから能力開花。8歳にしてすっかり短距離路線のエースとして君臨している。キングヘイロー産駒でダートに強い馬が出るとは。
大井のパワーを要する馬場は得意だが、軽い中央の馬場に戻ってきてどこまで付いていけるかだけが課題。


JBCクラシック
◎オメガパフューム
ジャパンダートダービー2着馬で古馬相手にどれだけやれるかを注目していたシリウスSでしたが、3角マクリで堂々差しきり。ルヴァンスレーヴの同行も気になるところですが、着実に世代交代の波が押し寄せてきている感はある。
あとはGIの1800でスウェプトオーヴァーボードがどうなの?と言う話だけだが、こちらは軽い京都の馬場が味方してくれるのでは。
○ケイティブレイブ
普通なら前走も快勝したこの馬が抜けた1番人気に推されてもおかしくないが、3番人気に落ち着いているのはこの2年ほど中央で馬券に絡めていないのが原因だろう。いずれも重賞なのが余計に引っ掛かる。
ただ、それを差し引いても代わり映えのしないメンバー構成だし、帝王賞を戦った相手と勝負付けは済んだと判断して新興勢力の壁になれるか。
▲センチュリオン
デビューが3歳春だったように遅咲きのタイプだったようで、5歳夏の6着を除けば近走は安定して馬券に絡めるようになった。前走は半年ぶりに道悪が加わる厳しい条件だったが、2着を確保して状態も上向きだろう。
サウンドトゥルーがいる関係で乗り替わりだが、マーチSを勝ったときの幸に手が戻るならマイナスも少なそうだし内枠から一発まであり得る。
△ノンコノユメ
GIを勝って種牡馬入りできるぞー!と喜んでいたらタマを抜かれてて出来ないと知り、ふてくされて走らなくなる馬なり1ハロン劇場みたいなネタが思い浮かぶような成績。南部杯では悲鳴が上がりましたぜ。
父トワイニングで距離延長を嫌われるかと思いきや意外と人気になっているのは、やはりペースがかなり上がりそうなので最後に出番があると考えている人が多いからか。


JBCレディスクラシック
◎アンジュデジール
よくペットは飼い主に似ると言う話があるが、お手馬も騎手に似てくるんですかね?だんだんノリポツンが似合う馬になりつつある。
ここ2走は追い込む展開で捌ききれず、その前は先行して伸びずに撃沈。今回は大外枠に入ったから前者になりそうだし、前2レースが前残りになったりするとここが極端なハイペースになって届く状況になるかも。
○ラビットラン
リエノテソーロに押しきられたときはあれっ?と思ったが、ブリーダーズGCではキッチリ巻き返し。距離が延びればこの馬の決め手が更に活きる。
それだけに1800に短縮されて軽い馬場の京都なのは不安材料だが、準OPを勝ち上がって来たばかりの小娘どもには負けられないだろう。
▲カワキタエンカ
エリザベス女王杯を蹴ってまでこちらに回ってきたか…。
極端な逃げ馬アイアンテーラーと同型なので、楽な展開に持ち込むのは容易ではなさそう。特に向こうが1枠なので包まれるわけには行かないから飛ばしていくのは間違いないだろうし。
それでも母系はクロフネ×フォーティナイナーとダートをこなせる下地は揃えているし、芝OPで培ったスピードで蓋をしていきたい。
△プリンシアコメータ
昨年のこのレースではララベルとともに大波乱の片棒を担いだ馬だったが、そこからは安定しそうでしない難儀な馬に変わった。とりあえず牡馬相手には苦しいみたいだが、牝馬同士でも取り零しが多いので信頼しきれない。
今回も付かず離れずみたいな3番人気で、みんなどこまで頭を託すか悩んでいるようだし自分も当たり障りのない印でお茶を濁しておく。


アルゼンチン共和国杯
◎ノーブルマーズ
何か東京2500の重賞はGIの引き立て役にならなきゃいけない決まりでもあるんだろうか?目黒記念・秋みたいな。出世馬はこちらのほうが近年は優勢だけど。
京都大賞典あたりから始動するかと思ったらここからな辺り、東京のクラシックディスタンスに絞り込んでのものだろうから休み明けでも仕上げを信用。
○パフォーマプロミス
日経新春杯を勝って天皇賞・春路線に行くかと思いきや頓挫。目黒記念で巻き返して宝塚記念を狙ったが、やはり順調さを欠いた分だけ上のクラスでは通用しなかった。
今回は休み明けにはなるもののメンバーはかなり楽になったし、目標は先だろうが本番に弾みがつくような内容を期待したい。
▲ウインテンダネス
逃げても差しても競馬ができる器用な馬ではあるが、どちらでも大丈夫だがどちらにも不安があって展開を読めなくなるのが難点。カンパニーもいきなり脚質転換されても対応していたし(殆どノリのせいだが)そういう血統なのかも。
目黒記念を制しているように東京コースに不安はないので、こちらも秋の緒戦をいい形で進めたい。
△ムイトオブリガード
この血統ながらダートを使われたりしていたが、芝に替わってからOPに昇格。阪神大賞典では歯が立たなかったが、その後は3連勝して再び重賞戦線に帰って来た。
勢いを増して今回こそと言うことだろうが、1番人気に応えて勝ちきる程の力を付けてきているかここが試金石。


京王杯2歳Sまでの成績【7/125 ―141690円】


寒い…>胴長熊猫

今日のボックス(京王杯2歳S&ファンタジーS編)

ふと


北海道2歳優駿で前代未聞の1・2着誤審騒動で、ハズレ馬券も正しい着順なら払戻しの対象になるとか。
もう捨てちゃった人が殆どだろうから今さらハズレ馬券が当たり馬券になる人はいないだろうが、例えば三連単2頭軸マルチで買ってる人や馬単ボックスとかで買っちゃって既に払戻しした人は損だな。1番人気が頭か2着かでオッズはかなり違うだろうから。


京王杯2歳S
◎シングルアップ
新馬戦→フェニックス賞と連勝して1番人気に推された小倉2歳Sだったが、先行から伸びきれず6着。芝1400と少頭数の芝1200での勝ち鞍なので、ハイペースの1200は忙しい条件だったのかも。
今回は1400に戻して少頭数、緩い流れを自分から動いていく競馬は経験済みなので改めて見直し。
○ファンタジスト
初年度は手探りの部分があったので王道路線から始動する馬が多かったロードカナロア産駒だが、今シーズンは早くもケイデンスコールが新潟2歳Sをサートゥルナーリアが萩Sと早期デビューからOPクラスを勝利しており、来年以降も夏場の短距離路線はロードカナロアの天下になりそう。
1200では先行して速い上がりを使って押し切る完勝で2連勝してきたが、1400になっても同じような競馬ができるかが課題。
▲アウィルアウェイ
ジャスタウェイ産駒も距離適性がまだハッキリしない中で様々な条件を使われているが、1800辺りに明確な壁があるような印象を受ける。先々には2000以上でも走る馬も出てくるだろうが、現状はダートのこなせないクロフネ産駒のイメージで捉えてます。
2連勝の派手さから人気にはなっているが、新馬戦2~5着馬は勝ち上がれずダリア賞2・3着馬も次走で勝ちきれていないだけにレースレベルにはやや疑問が残る。
△カルリーノ
父はマツリダゴッホだが母系がショウナンカンプ×ハウスバスターと言うこともあって1200からデビューしてきたが、後方よりから差してくる競馬で函館2歳S3着。新馬→未勝利の内容からも1200は少し短いのでは?
ここもまずは後ろからの競馬になるだろうが、少頭数で隊列がバラけない展開になりそうだし先行馬を風避けに使いながら直線だけで出し抜きたい。


ファンタジーS
◎ベルスール
5年前にはフルゲートも当たり前だったレースだが、2歳重賞の拡充によりどんどん頭数が減って12頭前後が普通になってきた。JRAは盛り上がらないレースを乱立して売上げ下げても問題ないんか、木っ端役人は気楽でエエな。
新馬戦は1000mを2番手から58秒9で通過しながら追い込み馬と上がりはコンマ2秒差の2位。見た目以上に強い内容のレースだったし、ここも埒沿いから早めに抜け出せば後続を封じて押し切れる。
○ダノンファンタジー
デビュー戦はサウジアラビアRCで牡馬相手に楽勝したグランアレグリアに敗れたが、返す刀で未勝利をアッサリ勝ち上がり。こういう強敵相手に新馬戦2着で未勝利を勝ち損ねるとズルズル3歳になっても未勝利だったりするので、すぐさま巻き返せたのは評価できる。
能力は間違いなさそうだが新馬戦同様に詰めの甘さを露呈しないかがカギになるので、少頭数のスローで差しきれるか。
▲レーヴドカナロア
この一族はどこまでも堅実に走るなぁ。
ゼンノロブロイやアグネスタキオンのサンデー系からフサイチペガサスのミスプロ系でも重賞レベルが出るのは珍しい。
レーヴドスカーの牝馬産駒は京都芝でみんな連対があると言う京都巧者一族でもあるので、ここも得意舞台になる可能性はある。
△ヴァニラアイス
この予想を読んで後ろを振り向いたとき、お前はハズレる…わけではない。牝馬なのね。
デビューから一貫して逃げる作戦が板に付いており、6頭立てでは2着なのに17頭立てで1着と言うペースは関係ないのか?みたいな馬なので、うまく単騎逃げに持ち込んでガオン!してくれたら。


天皇賞・秋までの成績【6/123 ―141290円】


当ててから文句は言え>胴長熊猫

今日のボックス(天皇賞・秋編)

意外な結末


昨日から始まった日本シリーズ。
あちこちで日本一予想を見ていったが、第一戦からまさかの引き分けですべての予想をブーストする番狂わせ。
久々に8戦目までもつれ込むシリーズになったりしないかしら。


天皇賞・秋
◎サングレーザー
昨年の今頃に短距離戦線で名乗りを挙げてマイルCSの優勝候補に躍り出たが、今夏に札幌記念を制して2000にも対応できるようになった。古い話だがヤマニンゼファーやアグネスデジタルも勝ち負けできるコース形態だし、13頭立てで逃げ馬不在のスローな切れ味勝負は願ったり叶ったりだろう。
道悪でも結果を出しているように、母系のダートらしさがスタミナに多少は影響しているなら距離不安で人気を落としている今回はむしろ狙い目。
○レイデオロ
ホープフルS勝ち馬は出世しないとかキングカメハメハ産駒は中山芝2200以上の重賞に弱いとか言われながら、それを悉く粉砕してきた馬。皐月賞や京都記念で負けると必要以上に粗探しをされてしまうのは厩舎ともども宿命か。
前走を勝って上々の復帰戦となったが、平成29年まで1度もオールカマーからの直行組が勝てていないと言うジンクスも粉砕できるか。
▲キセキ
超不良馬場だった菊花賞でGI馬の仲間入りを果たしたが、特殊な条件下で勝ってしまうと以後はレース選択の幅がなくなってしまい苦労する。この馬もまさにドツボにハマったように連敗を繰り返すことになってしまった。
普通なら京都大賞典あたりから始動しそうなところを毎日王冠から出てきたときは首を傾げたが、先行して最後まで粘る走りができていたし思い切って逃げてみたら面白いかも。
△ダンビュライト
新馬戦ではサングレーザーと対決して勝っていたんだね。そのとき2着のキクノルアが重賞まであと少しだけに伝説の新馬戦に持っていけるか。
これまで海外遠征と新馬戦を除けば3着以内に入れたのはすべて少頭数のときだけで、14頭立て以上になると4着以下しかないほどゴチャ付きを嫌がる馬。ならば初めての13頭ならどうか。


アルテミスSまでの成績【5/122 ―164920円】


コカコーラウエストで8戦以降やろうぜ>胴長熊猫

今日のボックス(アルテミスS&スワンS編)

誕生日後夜祭


晩御飯はもう用意してあったので、ケーキくらいは買って雰囲気だけでもと思っていたら21時を過ぎたら開いてるケーキ屋のほうがおかしく閉店。
コンビニで良いかと入ったが、だいたいケーキは2個入りで弱ったなーと呟いたが別に食べられない訳じゃないし問題ないなと。


アルテミスS
◎グレイシア
新馬戦はスピードの違いを見せ付けて楽勝し、アスター賞では出遅れながら直線だけで纏めて面倒を見る追い込み。現時点での完成度の高さはダイワメジャーらしい。
スタートに不安はあるが連勝中のダイワメジャー産駒となればマーブルカテドラルにメジャーエンブレムがこのレースで好走しているし、素直にOP馬から入るほうが確実な気はする。
○ウインゼノビア
スクリーンヒーローがこれだけコンスタントに活躍馬を出すとは思わなかったなぁ。似たような系統でもタニノギムレットより厳しいと思っていただけに。
新馬戦は新潟2歳S4着のジョディーに逃げ切られたが、未勝利→クローバー賞とすぐに巻き返して連勝を飾ったように混戦のほうが嬉しいタイプ。外枠からゴチャ付かずに出られるのも有利そうだし、ここでも連軸視。
▲エールヴォア
1番人気…だと?
POGりん指名を回避して日刊競馬POGに回した馬がまたも重賞出走。あれか、リスト上手の指名下手ってやつか。
確かに未勝利の楽勝ぶりは目を見張るものがあったし、プロフィール的にも期待されるイメージを抱かせるものだが、社台に見限られたヴィクトワールピサ産駒で重賞はどうだろう?
△アフランシール
デビュー戦は強敵の集まりやすい芝1800を牡馬相手に真っ向勝負で押し切り。2・3着馬も既に勝ち上がっており見た目以上に内容のあるレースだったのではないか。
札幌2歳S5着で人気を落としているが、3角マクリ組に展開を掬われたのが敗因。ハーツクライ産駒だし広い東京コースに替われば能力全開。


スワンS
◎コウエイタケル
血統だけ見れば1800以上から使いたくなるような馬だが、意外にも1600以下しか走ったことがない気性で走るスプリンター。マンハッタンカフェとかオペラハウス産駒には多いが、ステイゴールドでは珍しいほうだろうか。
ただ、ブービー人気レベルでも平気で激走する血統のらしさも兼ね備えているし、ダラッと先行して外枠から気分良く走らせたら大物食いもあるのでは。
○モズアスコット
ソウルスターリングやミスエルテが活躍するなかで輸入されたフランケル産駒ではハズレ扱いをされてきたが、昨秋にエンジンが掛かるとOPでも善戦を重ねて連闘で安田記念を制する能力を見せた。今後も欧州市場では高騰するだろうし、ノーザンFもディープインパクトと交換留学みたいに種付け交換すれば?
1600万勝ちで既に京都1400は経験済みなので距離短縮でも不安材料にはならないが、目標が先にあって58キロを背負い断然人気に推された中で今までと同じような競馬をさせてもらえるか。
▲グァンチャーレ
かつてはシンザン記念を勝ってダービーにも出走していた馬だが、徐々に距離を短縮されてとうとう1400まで来たか。意外に北九州記念とかなら1200でも対応しちゃうのでは?と思わなくもない。
春先にはトリコロールブルーやロジクライとも接戦を演じていた馬だし、GⅡに入ってもクラス負けするようなことはないはず。
△ロードクエスト
追い込み一辺倒だった3歳時からそれでは通用しなくなった4~5歳を経て先行を覚えた変わり種。普通はズブくなって行き脚が付かなくなり逆になることが多いのに。
前走は1600なのに早めマクリが発生して乱ペースになっていたしノーカウント。引き続きデムーロが騎乗して気合いを付ける競馬で押し切りを狙いたい。


菊花賞までの成績【4/120 ―169940円】


ミルクレープケーキ>胴長熊猫

今日のボックス(菊花賞編)

また一人


従姉妹が結婚したためいよいよ親戚筋で残ったのは3人。
内、2人は我が兄妹なので実質1人。
そろそろ周りからの目も白くなりつつありますが、その気がないので今のアパートで孤独死は免れなさそう。


菊花賞
◎ジェネラーレウーノ
毎年のように実績馬が回避をすることが多く、本場のセントレジャー同様に長距離軽視の風潮なのが悲しいところ。どうしてもスローに流れて長距離と言うより1600×2みたいな競馬になってしまうのも理由の一つだろうか。
重賞勝ち→皐月賞3着→ダービー惨敗→セントライト記念1着→当日は4~5番人気の先行馬と言うのはキタサンブラックに通ずるところもあるし、エポカドーロをマークする形で一緒に抜け出していけたら。
○グロンディオーズ
デビューこそ1600で勝ち上がったが、そこから少しずつ距離を延ばされていって2400にも対応。前走では古馬相手に2000を勝利したがここへ向かってきており、長距離適性の高さを陣営も掴んでいるのだろうか。
兄のムスカテールも2400以上で活躍していたし、2年連続でルーラーシップ産駒が菊花賞を制するか。
▲アフリカンゴールド
昨冬にキタノコマンドールから1秒離される大敗を喫して始まった競争馬人生だったが、4月に未勝利を脱出するとトントン拍子の活躍で夏の上がり馬の1頭に数えられた。前走ではかつて怪物と讃えられたフォイヤーヴォルクを子供扱いしており、それを考えたらもはやゴジラか。
同じステイゴールド産駒のエタリオウが人気に推されているが、GIでより怖いのは人気のないほうのステイゴールド。
△シャルドネゴールド
人気はサッパリだがロックディスタウンやジェネラーレウーノとも接戦がありエタリオウにも勝ったことがある馬。引っ掛かる面が出た毎日杯は大敗したが、しっかり末脚勝負ができた京都新聞杯では上がり最速で3着など素質は重賞レベルにあるところを見せた。
今回は再び同世代との対戦になるが、少頭数のスローよりはフルゲートの乱戦が向いているだろうし外枠から行きたがる折り合いの難しさが出なければ。


富士Sまでの成績【4/119 ―167540円】


面倒臭さが先行して>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク