パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

3場開催


盛岡・船橋・高知


中央が函館・福島・中京だからだいぶ似たような開催状態で頭数が中央に比べて少ないので予想もしやすいので楽なのだが、当たるかどうかは別問題。


マーキュリーCは戸崎から>胴長熊猫

スパーキン!


へっちゃら(貧窮)


宝塚記念のスタートですべてを投げ出した…
と見せ掛けて実はこっそりラブリーデイから買いたかったからここで本命を打つと来ない気がしてわざと◎ゴールドシップにしていたらしいけど、ヒモは予想通りに買ったからかすりもしなくて天罰が下ったポキよ!


残高が怖くて確認できない>胴長熊猫

南関東2冠目


ダビダビダービー


だが車両重量税が上がった関係で金欠が甚だしいポキよ!
まさに「ここでお前が負けたなら、オイラの生活ままならぬ」ですよ!


お願い左海!>胴長熊猫

終わりは始まり

生まれ来るまた新しいウマソング


今シーズンのPOGはPOGりんでミッキークィーンを、サラブレPOGでテンダリーヴォイスと牝馬の活躍が目立ったが、牡馬はトーセンバジルが頑張っただけでクラシックでは閑古鳥。
やはり200pが加算されるダービーを獲りに行くことが優勝への近道ではないかということで、今年はドラフト戦場に半身だけ出してみました。


1位
ドラゴンテリー牡(ディープインパクト×コージーロージー)
ハートレー・マウントロブソン・レプランシュなどが1位候補に挙がっていて、最後の最後までハートレーの予定だったのを翻意したのは母父コングラッツの代表産駒が【デブリン】だったので「まさか…」と思い返したから。
本当にえふりんさんがハートレー1位指名なんだから震えも来るということ。


2位
ティルヴィング牝(ディープインパクト×ストゥデンテッサ)
正直に言うと、松永幹厩舎という時点で切り捨てていた馬を直前で拾い直しました。(予定はディープインパクト×ララアでした)
でも「母ララアでガンダムファンの人がいたら…」という弱気が出て回避したら重複なし。同じく母レディジョアンも重複なし。ああん。


3位
ロードキング牡(ディープインパクト×ピサノアラバスター)
今回、ディープインパクト産駒3頭指名なのはそんな弱気を体現したもの。とにかく安パイを拾いたいという打算…ッ!
今、最終リストを眺めながらPOGりん指名母馬確定表と照らし合わせたら、母オールアイキャンセイイズワウが重複なし。何だよー母ララアと組み合わせてたら完全無風も達成可能だったのかー。


4位
ゼンノサーベイヤー牡(Mineshaft×Eden's Causeway)
すでに名前と厩舎が決まっているマル外だけに謎男さんが唯一のネックでしたが「露骨なダート馬には来ない」「全馬デビュー率が下がるから下位に紛れ込ませるかも」と脳内で天使と悪魔がケンカしたので順位を6位から引き上げ。まったくの杞憂徒労。
中内田って誰…?


5位
ロジクライ牡(ハーツクライ×ドリームモーメント)
ディープインパクト以外に牡馬でエース格が欲しかったが、セオリーが希薄な分野のため作業も難航。ワークフォース・ハービンジャーの新興勢力か、ネオユニヴァース・ハーツクライの既存勢力かで揉めに揉めた。
最後はロジにもう一回だけ騙されてみようという気持ちが勝っての指名だったが、厩舎がいきなり関西に替わったのが気持ち悪く順位を引き上げたらこっちはグッジョブ。いや、本当にグッジョブだったのかは一年後。


6位
母スルージエアー牝(父キングカメハメハ)
こっから下は「被る?そんな奴はおらんやろぉ~」と余裕を持った指名。
ルージュバック・クィーンズリングのマンハッタンカフェバブルに乗っかる人が多そうだから、回避すればキンカメ牝馬は取り放題だろ。母ダイワスカーレット以外(笑)なんてかんがえてたが、デビューするかなこの娘?


7位
母ザミリア牡(父ステイゴールド)
ステイゴールド産駒のムラっぽさは前年で懲りたので指名する予定はなかったんだけど、急逝して何だかこのままステイゴールド産駒を当てられないまま終わるのも悔しいので。
でもまた全馬デビューの足を引っ張るのはコイツなんじゃないか…。


8位
母エルフィンフェザー牝(父ファルブラヴ)
新種牡馬がピンと来なかったのもあるのだが、何かこう「掘り出し物」を見つけたくなり。
地味ながら今年も100頭近い産駒を世に送り出すGⅡメーカーだし、安心と信頼のファルブラヴ牝馬でトライアル路線に殴り込みをかけたい。


9位
母オオシマセレーネ牝(父アドマイヤマックス)
毎度お馴染み九州産。母サーストンフラッグと迷ったがリンカーン産駒なので1200のひまわり賞では不向きと判断。
ちなみに近親はメイショウドトウ…、何で九州産を指名するのに怯える必要があるんだ!(震え声)


10位
母フェミニンタッチ牝(父スウェプトオーヴァーボード)
昨シーズン未勝利でポイントを重ね、勝ち上がって500万でも頑張ってくれたピックアンドポップを輩出したJRAブリーズアップセール組。
セイウンワンダー級を毎年望むのは贅沢だが、芝でもダートでもポイントを稼いでくれそうな馬を入れて全馬勝利をめざしたい。


100万頭指名のPOGでも獲りきれないほどのダービーを>胴長熊猫

脆弱、脆弱ゥー!


地方競馬情報


帝王賞や東京大賞典だとアクセスが集中しすぎて繋がらなくなることがままあるのですが、本日はGⅢかきつばた記念なのにサッパリ繋がらず。
おい、明日は交流GIなのに大丈夫か?毎年の事なんだからサーバー強化してくれよぉ。


携帯は振っても通じない>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク