FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(阪神C編)

こたつむり全開


先週から寒さがさらに厳しくなったせいで完全に風邪を引いた1週間。いつもの感覚で「その内治る」と仕事してたらグズグズと引きずってしまい結局まだ喉が痛いままです。


阪神C
◎ワンカラット
前に付けられれば前走のようにまだまだ善戦は可能で、初重賞もこのコースだったし逃げ馬も揃ったことだしうまくそれらの後ろに隠れて抜け出せたら。
○リディル
マイルCSは少し見込まれ過ぎかなという印象で、枠順も恵まれない中で何もできず沈んだ。今回も大外枠で展開の助けがほしいところですがうまくハマれば使える脚は一番だと思うので。
▲フラガラッハ
連勝中の勢いでは重賞を取るには至りませんでしたが、展開と位置取りを考えたら少し無理があった。道頓堀Sや阪急杯、アーリントンCのように阪神コースでは崩れてないのでまさに一発あるか。
△マルセリーナ
秋のGI戦線はいまひとつの結果に終わりましたが、それでもマイルCSではようやく見せ場のある着順で来ることができたので相手もずいぶん楽になるのでもう少し前進できたら。


もう出られない>胴長熊猫

今日のボックス(全日本2歳優駿編)

油断大敵


ちょっとした週の真ん中、水曜日にもGIは開催されるんですよ!ナイター競馬なら仕事が終わってから飛び込めばギリギリ間に合うからもう今日は仕事どころじゃねぇ、予想だ予想。


全日本2歳優駿
◎オーブルチェフ
ダートに替わって3連勝で3楽勝。最近では珍しくなってきた外国産ダートの強豪馬。
もし勝てたらできれば中館さんでアメリカあたりに遠征して日本の小回り逃げの名人芸を披露してほしい。ダメならUAEダービーでもヒヤシンスSでも。
○ゴーイングパワー
サクラバクシンオー産駒だし距離がどうかな?というのがネックですが3歳春までなら何とか距離を誤魔化してる馬も見受けられるし、前々で競馬ができれば逆転も。
▲エーシンユリシーズ
JRAで新馬戦を勝って地方に移籍、前走は交流重賞3着。これだけだと意味が分からないのですが、ひょっとして「中央の500万だと地方交流重賞に出るのが抽選になるから地方に移籍して現地で無双すれば簡単に出られるんじゃね?」とか…!?
△コスモワイルド
デビューからの成績通り完全に中距離型のワイルドラッシュ産駒で、北海道の時計が掛かる芝ならこなすという面もこの産駒らしい。前がやりあって差しが届くようならムンロマジックが炸裂するかも。


昼飯食いながら更新中>胴長熊猫

今日のボックス(阪神JF&カペラS編)

日常に潜む矛盾


何気ないコンビニでの朝。
自分の前に並んでいた2人。
1人は握られていた生パスタカルボナーラを温めてもらいながら「お箸とフォーク、どちらをお付けしましょうか?」の問いに、自然と「箸で」
1人は一日の三分の一の野菜が取れるスープと野菜生活・紫の野菜を買いながら「あとマイセンメンソール」
お前達の目指す道はどっちだ。


阪神JF
◎エピセアローム
今年もやってまいりましたPOG馬贔屓大会。
小倉2歳S以来ということでデイリー杯かファンタジーSを使ってほしかったところですが、新馬・未勝利戦で走ったコースに経験はプラスだと思うので。
○ジョワドヴィーヴル
こういう上が走りすぎて過大な期待を背負った下は痛い目に遭うことが多々あるのに新馬戦は額面通りの完勝。キャリア1戦は不利ながらまったく来ないわけではないので青田買いするのも悪くないか。
問題は秋のGIでことごとく人気馬を飛ばしている福永。
▲ファインチョイス
ファンタジーSは休み明けで馬体重もプラス14キロとなり馬場も渋っていて敗因が揃う中でも最後までしっかり伸びていた。勝ち馬に外をかっさらわれただけで内枠に入った今回は岩田の内からスルスルが見られそう。
△トーセンベニザクラ
昨日の黒松賞でPOG馬のダイワミストレスを負かしたラフレーズカフェを赤松賞で負かした馬(ややこしい書き方)。
その物差しを考慮して、今後のダイワミストレスを占う意味でも見せ場がほしい。同じダイワメジャー産駒だけに。


カペラS
◎ケイアイガーベラ
減っていた体を元に戻そうとしたらさらに増えて490キロ。それでも2着に来ていて距離が合うなら善戦できるタイプか。
ダノンカモンやサマーウインドと言った辺りをちぎった経験もあるのでソロソロ重賞でも。
○クリスタルボーイ
美浦・斎藤厩舎なのにキャリアのほとんどを関西の競馬場で走っていて5勝のうち4勝が遠征とかなりの外弁慶。それでも1600万を勝ったのはこのコースだし、外枠から好発を決めれば。
▲ドスライス
こっそり昔のPOG馬。
前走の東京盃は何故か福永が乗って何もせず終了。それを考えたら柴田善に戻るのは大きなプラスなので改めて。
△ティアップワイルド
昨年のこのレースでも評価したような覚えがある。関西馬ながらこのコースが得意で、中山ダ1200は逃げ馬なら外枠・差し馬なら内枠という持論があるので。


そしてサンドイッチに熱い緑茶の俺>胴長熊猫

今日のボックス(中日新聞杯編)

速報


胴長パンダズの胴長監督は9日、扇風機選手に2軍落ちを通達した。同選手は10月末から出番が減っていたものの「片付けるのがめんどくさい」を理由に1軍に帯同しつづけていたが、9日夜から雨が夜更け過ぎに雪へと変わる展開に我慢できず降格を言い渡した模様。
なお、代わりに2軍からはコタツ布団選手と毛布選手が昇格。2選手は予定では今週末の虫干しを経ての1軍合流予定だったが3日ほど前倒しとなった。
これについて胴長監督は「季節がアホやから生活ができへんねん」と気候のせいにした。


中日新聞杯
◎ユニバーサルバンク
秋になってからの2戦は今一つでしたが、前走はメンバーに恵まれたとはいえ先行から上がり2位でまとめていて力が無いわけではなさそう。
現状は坂があるコースよりも小回り平坦が良さそうだし、前々でうまく立ち回れれば。
○ゲシュタルト
休み明けからのレース振りを見るかぎりでは完全に一頃の調子を取り戻した感じがあるし、福島記念は少し位置取りが後ろすぎただけで脚はしっかり使えていたので早めに動いていく競馬ができれば。
▲ダノンバラード
半年ぶりとなった前走はプラス14キロで行きっぷりもあまり良くない中、3着まで来ていて皐月賞3着はさすがと言ったところか。小倉にまで乗り替わりのためにデムーロが遠征してきているので、ここは勝負駆けか。
△マヤノライジン
10歳馬にして重賞で2着に来るなど引退を囁かれながらしぶとく走っていて前走も見せ場を作った。さすがにもうパンパンの良馬場で鮮やかに差し切る脚は持っていないだろうし、雨上がりで適度に時計の掛かる今の小倉なら。


ブルブル>胴長熊猫

今日のボックス(ジャパンCダート編)

買わないと来る


仕事の合間に鳴尾記念の結果を見て悶絶。
レッドデイヴィスを信じるだけでお手軽に270倍なら休んででもウインズ行くべきだよなぁ…。てっきり逃げ切ったと思っていたら後方から差し切っていて開幕週なのによく走ったなと感心しきり。
今年もエピセアロームが重賞を勝っているので、安定して1頭はPOG馬が活躍してくれて嬉しいな。


ジャパンCダート
◎トランセンド
スマートファルコンとの一騎打ちではお互いが死力を尽くしたレースだったので反動が心配されましたが何とか無事に出てきました。大外枠と言ってもこの馬のハナを叩いて粘れる穴馬がいるとは思えないし、ブロードアピール級の確変が起こらなければ頭鉄板。
○エスポワールシチー
この2頭に印を打ったら馬券的に妙味はないけれど前走を考えたら確実に復調の手応えがあるし曲がりなりにもかつてのダート王、その辺の上がり馬よりは強いだろうから。
▲フリソ
東京ダ2100時代なら気の迷いで本命にしていたかも。ブラジルCは取りこぼしたものの日本テレビ盃でスマートファルコンからコンマ7秒差なら胸を張れる部類だし上2頭がやり合って追い掛けた馬が潰れたところを突っ込んで。
△ニホンピロアワーズ
ダートで馬券圏内を保ちながらOPクラスでもしぶとく力を発揮、ホワイトマズル×アドマイヤベガだけにスタミナ比べのほうが分があるだろうから遠慮せずに早め早めの勝負で。


POGりん? 聞かないで>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク