パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(京王杯SC編)

ゴールデンウィーク明け


サラブレがPOG企画の号なので早めに押さえたいのですが連休明けの土曜日は漏れなく仕事。
ウインズのショップは入荷数が少なく、近くの本屋は土日を挟むと月曜発売なのでファッキン。


京王杯SC
◎グランシルク
ステイゴールド産駒にしては珍しく、1800は未勝利時代だけで1勝したあとはすべて1600以下しか使われていない馬。母系もダイナフォーマー×フレンチデピュティだから2000までは問題なさそうな気がするけど。
OPに再昇級してから7→2→3着と安定してきたし、得意の東京1400なら好勝負。
○サトノアラジン
素質は誰もが認めるところなのだろうが、どうにも不器用な面が否めずGIを勝てないまま明け6歳。種牡馬入りを目指すならいよいよラストチャンスと言ったところか。
目標が先なのと海外帰りで関東遠征なのが引っ掛かるが、GIを勝ち負けするならこれくらいのメンバー相手には簡単に負けられない。
▲トーセンデューク
ソーマジックの弟でセレクトセール1億円超えを果たした馬だったが、ここまではまだペイできないモタモタした競馬が続いている。今年は何だがこういう高額取引馬がようやく頭角を現してきている。
前走でようやく1600万条件を卒業したばかりでOP緒戦がいきなりGⅡなのは気掛かりだが、ミリオンホースのポテンシャルに賭けてみたい。
△ダンツプリウス
ニュージーランドT勝ちでNHKマイルCでも4着に来たが、そこから順調さを欠いて低迷。1800に距離延長したら16着に大敗したため今度は1400に距離短縮してきた。
今のブライアンズタイムに東京芝をこなすだけのスピードがあるのか疑問だが、雨で少しでも渋ってくれたら出番もあるのでは。


NHKマイルCまでの成績【2/57 ―82950円】


もやもや>胴長熊猫

05/12のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

どんなにカープの調子が下降線だろうと試合がないんじゃ面白くない。地上波もBSも阪神-横浜は止めろよ~どっちかパ・リーグやってくれよ~。ただ、今日に限って言えばBS12はロッテ戦を放映しなくて良かったと思う。
05-12 21:40

05/11のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井で東京プリンセス賞。さすがにこの時期ともなると力関係がハッキリしてくるが◎アップトゥユー。先行力が仇になりマークされる厳しい展開を余儀なくされてきたが、1800なら周りも執拗に付いてこないだろうからマイペースに持ち込んで一発まで。
05-11 12:27

05/10のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は南関東クラシック第1弾・羽田盃。とりあえず◎キャプテンキングだが、中央2勝でエピカリス相手に0.9秒差のOP5着とか初ナイターの内枠を考慮してもブルーギルじゃねぇか?そのうち追加登録料とか規制をかけられそうだ。
05-10 12:37

05/09のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

会社の電波時計が休み明けの昨日は狂っていたのに今朝は通常に戻っていた。電池で動いてるから仮にブレーカーが落ちるとかしても影響はないだろうし、強風などで損傷した等の外的要因なら勝手に直ることはないはず。どこから怪電波が…!?
05-09 19:00

05/08のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

アパートのガス供給台の上に燕が巣を作り、管理人さんに破壊されると春が来たなぁと感じる。毎年、同じ場所に作ろうとするから余程奴等から見ると優良物件なんだろう。
05-08 20:21

今日のボックス(NHKマイルC&新潟大賞典編)

ゴールデンウィーク最終日


この間にやったこと
1.競馬
2.POGリスト作成
以上


NHKマイルC
◎リエノテソーロ
初芝のアネモネSは完敗で、負けたライジングリーズンが桜花賞で歯が立たなかった上に自身はソエで回避。それでパンパンの東京高速馬場に遠征する3歳トライアルが消費期限のゴーンウエスト系。
もうこれ以上ないほどマイナスポイントが積み重なっていて普通なら無言で黒く塗り潰すところだが、愛だよ愛。
○ミスエルテ
こちらもPOG指名馬で朝日杯FSに特攻したり休み明けで桜花賞に出てきたりとクラシックを舐めきった使い方をされてきたが、ソウルスターリングと違いさっさと中距離以上に見切りをつけてきた。もう池江先生も普通の馬に興味ないんだろうな。
それでもまだ牡馬相手のGIで敷居は高いが、叩いて上昇ムードだしスパイツタウンよりは勝ち目がありそうだが。
▲ボンセルヴィーソ
未勝利を勝つのに時間を要したが、その後はすべて重賞で3着以内。少頭数だったデイリー杯2歳Sは別にしてもフルゲートの3戦は評価できる。
このレースの穴馬は重賞実績があるのに不当なオッズになっている馬が多いので、まさに人気の盲点と言う状況がぴったり。
△アウトライアーズ
スプリングSまではあまりクラシックでも聞かない名前だったが新馬戦で共に負けたのがプリンシパルS2着のレッドローゼスだったり、ひいらぎ賞ではウインブライトと星を分けあったりと意外に健闘してた。勝ち方も割と派手だったりするが如何せん踏み台臭が拭えなくて。
母系がフレンチデピュティ×アイスカペイドとややマイル寄りの血統だし、父ヴィクトワールピサに騙されないほうが良いかも。


新潟大賞典
◎ジュンヴァルカン
クラシックまではゆるゆると少頭数のスローを選びながら競馬ができたが、菊花賞が終わって古馬たちとフルゲートで戦わないといけなくなった途端にテンに置いていかれだす。何か今時の新社会人を見ているようだ…。
日経賞でも離れた最後方から最後に脚を伸ばしただけと言う競馬になったし、これを糧に少しは中団から気合いを付けるレースを覚えて行けたら。
○サンデーウィザード
名前からして大きな期待を持ってデビューしたのだろうが名前負け、モタモタする競馬に終始していたがダートを使われて尻に火が付いたのかガラリ一変。一昨年の冬から1度も掲示板を外さない優等生に変身した。
OP初挑戦だった前走はペースに戸惑いながらも3着を確保。クラス慣れした今回は更なる前進もある。
▲ロンギングダンサー
血統だけなら今回のメンバー中でもトーセンレーヴと1.2を争う馬だが、さすがに2頭とも種牡馬入りは厳しいかなぁ…。韓国とかなら話もありそうだが。
最近は休み明けしか走らなくなっていて、昨年の新潟記念に一昨年の新潟競馬開設50周年記念と休み明けの新潟芝でがんばっているので今年はここか。
△フルーキー
もう潮時ですかねぇ…?
ちょっと前までは人気で消して穴で押さえる善戦マンだったが、今年はツキもなく追い込みだと前残り・先行だと前崩れに巻き込まれている。
それでいてトップハンデを背負わされるのは気の毒だが、実績を武器に古豪の意地を見せてほしい。


京都新聞杯までの成績【2/55 ―78150円】


とても有意義>胴長熊猫

今日のボックス(京都新聞杯編)

いつもの週末


ゴールデンウィークもいよいよあと2日ですが、競馬がなけりゃ何もないと言うのも芸がないのでラジオ祭りへ。
すごく久しぶりに「ヒロシです…」を聞いたが、随分とはっちゃける様になってました。芸能界は恐ろしいところなのかね。


京都新聞杯
◎ゴールドハット
名目上は外国産馬だが輸出されたハットトリック産駒なのでほとんど日本馬と変わらない。ドイツ牝馬と相性が良いならディープインパクトもこの手法でシャトルすれば日欧独占も夢ではないような気がする。
そのディープインパクト産駒が得意なレースだが今年は不在。それ以外だとマイラーのイメージがある種牡馬の子供が走っているので今年はハットトリックでどうだろうか。
○サトノクロニクル
前走は逃げたイブキを僅かに捕らえられず2着だったがイブキは青葉賞で見せ場もなく敗退していたし、この時期の中距離以上はスローになりやすいから逃げれば勝ちやすいが逃げ切ると次から苦しくなる。やはりどこかで控える競馬を試した馬が本番では台頭する。
兄のサトノラーゼンが勝っているが父をハーツクライに変えて更に厚ぼったくなった印象なので、一気に突き抜けられるか。
▲ダノンディスタンス
新馬戦でヒシマサルを破ったときは「ルーラーシップ産駒イケるやん!」と思ったが、両名ともに春になるにつれて馬脚を現してきて…。デビュー前の吹きっぷりが凄かったので何だかなぁ。
今回は逃げ馬がダート馬と未勝利勝ち上がりすぐの馬だけで、流石に格の違いから先手は奪えそうなのでゆったり逃げたら怖い1頭。
△インヴィクタ
若葉Sは惜しくも皐月賞の権利を獲れなかったが、敗因が「距離不足」だからビビる。デインヒル×フジキセキ×ヌレイエフなら1200と言われても納得するのに。
1ハロン延長は歓迎だろうが、それなら何で2400の青葉賞に向かわなかった…?と言う邪推から輸送できる状態にない体調と仮定して連下まで。


かしわ記念までの成績【2/54 ―75750円】


面白いかは別>胴長熊猫

05/05のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

かしわ記念の馬券がPATで買えないと話題に。かきつばた記念や兵庫チャンピオンシップと何の区別があるんだ…?どーでもいい8頭立ての香港GIは売って、日本の南関東は売らないのか。
05-05 14:29

今日のボックス(かしわ記念編)

このまま老後


5連休をどこにも行かないまま土日の競馬を向かえようとしており、いい年して競馬以外の趣味はねーのかと自問自答するが「人が多い場所は嫌」と言う理由で満場一致したためどこにも行きません。


かしわ記念
◎コパノリッキー
ここ数戦は冴えない競馬が続いているが、元々1800以上や芝スタートのコースは苦手にしていて負けたレースはこれらに該当する。該当しない南部杯ではベストウォーリアを退けているし見限りは早計か。
だいぶ生ズルい面が出てきているので、短い距離の内枠で最初から気合いを付ける競馬ならまだ巻き返せる余地はある。
○ベストウォーリア
昨年のさきたま杯から5戦連続2着。1着もないが掲示板も外しておらずエーピーインディ系らしい詰めの甘さが存分に発揮された昨シーズンだった。
明けてからもフェブラリーS2着と7歳でも力落ちは見られないし、今年こそ1着になれるか。
▲インカンテーション
この路線に定着しかけたところで怪我をしてしまい順調さを欠いていたが前走で復活勝利。行き脚も付くようになったし、かなり復調を感じられる。
意外にも地方GI初出走だけに小回りに対応できるかだが、コパノリッキーの真後ろに付けながら直線を向く形にできれば。
△モーニン
昨年のかしわ記念で人気を裏切ってから噛み合わないレースが続きだし、ヘニーヒューズ産駒だしそろそろ消費期限切れかな…?と言うイメージがある。
着順は悪いが武蔵野Sは59キロ、チャンピオンズCは大外枠、フェブラリーSはハイペースに被せられる展開と敗因はまだ擁護できるのでバラけやすい地方競馬ならスムーズに走れるはず。


天皇賞・春までの成績【1/53 ―80280円】


ダメ人間!?サンキュー❤>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク