パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

05/09のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は大井で南関東クラシック第一段・羽田盃。昨年のキャプテンキングのような露骨な転入馬もいないので力関係がそのまま出そうな気がするけど◎ポンドセルク。J交流競争で中央勢を相手に千切って勝つにはかなり地力がないと難しいだろうから、秘めた素質に期待して一角崩し。
05-09 12:31

05/08のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

兵庫チャンピオンシップ勝ち馬のテーオーエナジーが東京優駿へ。別に賞金あるんだから出ることに関して文句はないが、条件馬を出さないために無駄な少頭数2歳芝重賞を乱立するくらいなら早いとこユニコーンSをGIにしてダービーウィーク前後に施行してよ。
05-08 22:00

05/07のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

帰省したついでに親父の墓参りしたらこどもの日のイベントで子供向け説法を行っていたらしく、門を出るときにお菓子を配っていたのですが自分にも何故かくれた。アンパンマンチョコレート。33歳児、何十年ぶりかのアンパンマンチョコレート頬張る。
05-07 20:42

05/06のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

レッドヴェイロンは無ぇ!
05-06 15:46

本日は高知でクラシック第一段・黒潮皐月賞。生え抜きVS転入組でどちらを上に取るかだが◎スターアイリス。プラズマディライトの時計は脅威だが1枠に入ったので、これからの天気次第では水が浮くと不利になるので外から内を見ながら先行できれば。
05-06 13:25

今日のボックス(NHKマイルC&新潟大賞典編)

ゴールデンウィーク最終日


競馬にお出掛けしてたら近所の奥様から「あら、若いわね~ウチのは最後の休みだから朝から寝るしかしないのよ」なんて言われる。
お子さんも小学生になったから大変ですよね~なんて返したが、そうか、世のお父様はそうなるのね。


NHKマイルC
◎ギベオン
社台F生産でこの血統で芝1800でデビューしておきながら毎日杯2着から皐月賞やダービートライアルには目もくれずここに照準を合わせてきた。デムーロを鞍上に配してきたあたりにも社台レースホースの本気度が感じられる。
最近は聞かれなくなったが1600のGIを勝つには距離短縮の臨戦過程を辿ってきた馬が有利でもあるし、ここの結果次第ではタニノギムレット・ディープスカイまである。
○ケイアイノーテック
最後の最後でサトノオンリーワンに流れたのがここまで響くとはなぁ。POGと言うのは人を狂わすぞ。
これまで掲示板を外したことがない上に負けた相手も重賞で結果を残しているし、当初からマイル路線に絞ってきたローテも本番で活きてくるはず。
▲ルーカス
ホープフルS→スプリングSと大敗したためすっかり人気を下げているが、この馬もワグネリアン同様に小回りの中山は苦手で東京の長い直線で脚比べになれば能力を発揮しそう。
追い込みだけしかできない不器用なタイプだけにうまく馬群を捌いて来れるか。
△カツジ
前走はそれまでの先行とは正反対の追い込む競馬を見せてきたがうまくスルスル抜けてきて快勝。ディープインパクト産駒なんだから本来はこういう競馬が得意なんだろうけど、いきなりあんな脚を見せられたら今までのは何なのさと言いたくなる。
ニュージーランドT勝ち馬は本番に繋がらないデータの関係で人気もないが、アーリントンCの施行時期が変わったわけだし過去のデータも一度リセットすべきでは。


新潟大賞典
◎トーセンマタコイヤ
先行タイプではあるが時たま逃げてしまうスタートの良さが仇になり前走は目標にされてしまい6着。詰めが甘くテレンコ気味な成績からも気分屋的な性格が見え隠れする。
今回は逃げ馬が揃ったので無理に先行することはないだろうし、かつてはゴールドアクターを差し切った末脚をここで発揮してもらいたい。
○トリオンフ
小倉大賞典を制した勢いで挑戦した大阪杯は、早めに進出したスワーヴリチャードを捕まえにいくマクリを見せたが直線では伸びず。最後は力負けした感じだったが、見せ場充分の内容で評価はできた。
それもあってか1番人気に推されているだけに、周りがマークしてくる展開で今までのような競馬をできるかどうか。
▲スズカデヴィアス
昨年の白富士Sで差しが決まってから後方競馬が定番になっていたが、ずんずん後ろからの位置が下がっていって最近はもう追い込みに近い位置からの競馬が続いている。極端な競馬に活路を見出だす馬は多いので別に悪いことではないが、馬券を買う側からすると何とも買いにくい。
1枠に入ってもやることは一緒だろうから、経済コースを進んで直線でスムーズに外へ出す理想の展開になれば。
△マイスタイル
半年ぶりだった前走はこれまで通りの逃げから2着に踏ん張り、さすがダービー4着馬と言う貫禄を見せた。クラシックで微妙な活躍をすると条件戦で躓く馬が多いだけにまずは一安心。
叩き2走目で上昇はしているだろうが、相手も簡単には逃がしてくれないだろうからスローペースに持ち込めるかどうか。


京都新聞杯までの成績【4/58 ―21140円】


独身貧族>胴長熊猫

今日のボックス(京都新聞杯編)

似ている部分


ゴールデンウィークに帰省したらオカンから「掛布が亡くなった」とか言われて、マジで!?と調べたがそんなニュースは出ておらず。
よくよく話を聞いたら衣笠と間違えてた。
野球に興味のない人間が写真だけで判断するとこうなるのね。


京都新聞杯
◎レノヴァール
デビューからずっとテレンコな成績を辿っていて、それが続くなら今回は走る番。ハーツクライ産駒だし、人気が少し落ちたくらいが狙いどころ。
スプリングS組は先週もゴーフォザサミットが青葉賞を制していたし、あのレースで差して届かなかった馬はここ以外でも要注意。
○フランツ
ルメール・デムーロでは勝っていて福永では5着。わかりやすいな、キミ。
3コーナーで置いていかれる場面が見受けられるので仕掛けに関しては乗り手を選ぶ馬なのは間違いないだろう。それだけにデムーロが継続騎乗してくれる今回は賞金加算して本番に望みを繋ぎたいところ。
▲レイエスプランドル
新馬戦では京都2歳S勝ちのグレイル・次の未勝利では若葉S勝ちのアイトーンとOPレベルの馬にやられたが、年明けの小倉で勝ち上がると2連勝。早い時期にOP級と戦ってきた経験は無駄ではなかったと証明した。
ここ2走は先行しているが元々は3角マクリでも競馬をしていた馬だし、馬場状態に合わせて作戦を変えられるのは強味だろう。
△アドマイヤアルバ
ここまで8戦して1度も4着以下無しと言う抜群の安定感を誇っているが、同時に何度も単勝1倍台で2着にコケているので単勝馬券に突っ込んだ人はかなり痛い目に遭っているだろう。まぁ、ハーツクライ産駒の単勝1倍台を信用するほうが個人的にはアレだと思うけど。
今回はバッチリ人気を落としたしコケているのは少頭数の上がり勝負ばかりなので、頭数の多くなった乱戦必至の舞台でこそ真骨頂。


かしわ記念までの成績【4/57 ―18740円】


二人の共通点…あっ(察し)>胴長熊猫

05/04のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は園田で兵庫大賞典。1870なので実力がそのまま出そうだが◎ピークトラム。まだ当地で結果は出ていないが、中央でのマイラーズCでも最下位には沈まなかったしダートに対応できれば地力はここでも上位。
05-04 18:06

05/03のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

本日は園田で3歳交流重賞・兵庫チャンピオンシップ。地元勢がレースの度に勝ち馬の変わる抜けた馬がいないしJRA勢から◎メイショウヒサカタ。昨日の雨が残るようなら外からサッと先行できる7枠も有利になるし、前走をフロック視されるならオッズ的にも面白い。
05-03 12:44

05/02のツイートまとめ

dUVLBSJzJ2p5cfW

サラッと流した名古屋の蹄駿賞。3着にPOGりん馬のスギノハヤブサが入っててびっくり。全馬勝利に望みを繋いだ!(笑)サムライドライブはジャパンダートダービーか関東オークスで見られるかしら?
05-02 20:07

今日のボックス(かしわ記念編)

オールナイト


かしわ記念と言うといつもはゴールデンウィークの真ん中辺りでデイ開催されていたイメージだったのに、今年は平日に行われるから観に行けないな~なんて思ってたら何とナイター開催。
かつての福山→高知連携ナイターを彷彿とさせる大井→船橋の南関東連携ナイターなんて派手なことやってるのか。
くっ、ワイの財布を根こそぎ吸い取る気やな!


かしわ記念
◎インカンテーション
長期休養から帰ってきてしばらくは二桁着順が続いたものの、昨年のマーチSで復活すると東京大賞典以外は馬券に絡む安定感を取り戻した。フェブラリーSでも3着と8歳馬とは思えない充実ぶり。
何度も対戦してきたメンバー構成だけに、昨年2着のコース経験によるアドバンテージがある分だけ上に取りたい。
○ゴールドドリーム
昨年のドバイWC遠征でシンガリ負けした影響が長く引きずる形で不振に陥っていたが、チャンピオンズCで8番人気の低評価を覆して快勝。連覇を狙ったフェブラリーSは2着だったが、最後にうまく抜け出されたもので強い競馬をしたのはこちらだろう。
地方遠征はこれまで勝利がないが、大井ほどは深くない船橋ならもう少しやれてもいいのでは。
▲オールブラッシュ
うっかり川崎記念を勝った関係で使えるレースが少なくなってしまったが、ウォーエンブレムの血が近いところに入るとGIをアッサリ勝つ代わりに条件レベルの馬にもアッサリ負ける脆さも同居する気がする。
今回は逃げ馬が見当たらない状況で内枠に入れたし、揉まれずにスンナリ先手を取れたら意外に粘れた川崎記念の再現も。
△ノンコノユメ
二つ○を捨ててちょっぴり大人さ。
なんて歌ったわけではないだろうが、虚勢の効果で活躍できたのだからもう走れるだけ走るしかないだろう。
ただ、追い込み一手で大外枠に入り、直線が長いとは言えフェブラリーSのようなハイペースは見込めそうにないメンバーだけに頭まで突き抜ける展開になってくれるか。


天皇賞・春までの成績【3/56 ―49010円】


自嘲するけど自重しない>胴長熊猫

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク